1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

NTT東日本と協業し「おてがる!コワークドライブ」を提供開始

PR TIMES / 2021年9月2日 14時45分

~クラウド上で、情報機密性とPC同様の直感的な操作を実現できる国産ストレージサービス~

シネックスジャパン株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:國持重隆、以下「シネックスジャパン」)と東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井上 福造、以下「NTT東日本」)が協業し、2021年3月よりスタートした新ブランド「おてがる!」シリーズの第4弾「おてがる!コワークドライブ」を、「CLOUDSolv(R)」(*注)から2021年9月2日(木)より受注開始いたします。今回の月額サービス提供開始により、法人ユーザーはシネックスジャパンのチャネルパートナーを経由し、全国でサービスを利用できるようになります。
https://www.nexpect.jp/otegaru/co-work/



[画像1: https://prtimes.jp/i/34623/58/resize/d34623-58-c377d086f04be1a55d19-0.png ]

注:シネックスジャパンのチャネルパートナー向けの、クラウドソリューションにフォーカスしたポータルサイト

■「おてがる!コワークドライブ」提供の背景
新型コロナウイルスの影響により、オンラインでの業務遂行に加え、より柔軟なデータの保管・活用に向けた環境整備が企業規模を問わず急務となっています。一方、オンプレミスのNAS/サーバで業務を運営している中堅中小企業の多くは、情報共有の煩雑さだけでなく、近年増加するサイバー攻撃・自然災害によるデータ喪失リスク等、BCP対策の課題も抱えている現状です。

そこで、専門知識を要することなく中堅中小企業のDXを実現する「おてがる!」シリーズ第4弾として、機密性と利便性を兼ね備えた国産の法人向けクラウドストレージ「おてがる!コワークドライブ」を提供することを決定いたしました。

<おてがる!コワークドライブ>
以下おてがるコワークドライブの特徴をご紹介します。※注
※注:ご利用には、インターネット接続サービスおよびプロバイダとの契約が必要です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/34623/58/resize/d34623-58-fce2a3f7b06a364e3ac9-1.png ]

●特徴

[画像3: https://prtimes.jp/i/34623/58/resize/d34623-58-a97988829ffc195b0f1d-2.png ]



オンプレミスと同じフォルダ構成(ドライブマウント)
社外ユーザーとのファイル共有もURLリンクやプロジェクトフォルダにて可能
わかりやすくてトレーニング不要だから、利用が定着



[画像4: https://prtimes.jp/i/34623/58/resize/d34623-58-6507d4904c6210a0b9ad-3.png ]



社外からVPNの構築をせずに社内データのアクセスが可能
社外とのファイル共有も簡単に可能
データ容量を気にせず(※)に、相互からファイルを共有可能
※契約容量の範囲内に限ります
アップロードやダウンロードの通知、任意のメッセージ送信が可能


[画像5: https://prtimes.jp/i/34623/58/resize/d34623-58-2066f74ce6f4334942d6-4.png ]



保管される全てのデータを自動でウィルスチェック・暗号化し、データの機密性を強力に保護
回線認証による「場所」に基づく認証機能 
※注 回線認証機能は9月以降に提供を予定しています。回線認証機能の対象回線はNTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ光」及び光コラボレーション事業者がNTT東日本・NTT西日本より提供を受けた光アクセスサービスに限ります
データは全て国内保管(冗長体制)


[画像6: https://prtimes.jp/i/34623/58/resize/d34623-58-ca6d352ad363571882bf-5.png ]



フォルダへの任意の権限付与が可能
組織構造に合わせた権限管理
アクセス許可項目を自由に組み合わせ可能


今回の発表に際し、シネックスジャパン 執行役員 プロダクトマネジメント部門 部門長 伊藤 弘泰は次のように述べています。
「この度、NTT東日本様との新ブランド”おてがる!“シリーズ第4弾として当社が”CLOUDSolv(クラウドソルブ)“から提供を開始する”おてがる!コワークドライブ“は、その名のとおり、おてがるなco-workを真に実現できるサービスと考えます。
純国産であるがゆえの情報機密性と、ローカルPC上と変わらない操作性により、セキュリティとユーザービリティを両立いただけることで、中堅中小企業様にとってサービス利用による生産性向上等ROIのご期待にも添えると確信しております」


東日本電信電話株式会社 執行役員 営業推進本部長 村田 和也氏は、次のように述べています。
「NTT東日本は、シネックスジャパン株式会社様による、企業の更なるDX化およびBCP化を推進する“おてがる!”シリーズ第4弾の”おてがる!コワークドライブ”の提供開始を心より歓迎いたします。
コロナ禍での経営課題はこれまで以上に多様化してきており、“おてがる!コワークドライブ”の提供開始が、ニューノーマルへの働き方の推進を支援されるものと期待しております」


なお、今回の取扱い開始にあたり、シネックスジャパンでは9月9日(木)より下記ウェビナーの共同開催を予定しています。
詳細は、 https://www.synnex.co.jp/events/ を参照ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
どこでもオフィスをサポート「おてがる!コワークドライブ」
~クラウド型ストレージで社内外とシームレスな連携を実現~
※9/9(木)より、複数回に渡り実施を予定
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今後もシネックスジャパンは、目標、戦略、リソース、テクノロジーソリューションを共有することで、顧客、ビジネスパートナー、従業員が成功を収めることを支援します。
賢い投資、イノベーション、ソリューションベースの製品により、すべてのステークホルダーに対する企業価値を高めます。

■シネックスジャパンについて
シネックスジャパンは、米国SYNNEX Corporation(※)の日本法人です。
シネックスジャパンは、従来の卸売ビジネスに加え、お客様の課題を解決するために国内外の製品・サービスを組み合わせたソリューション提案を行うことで、「ハイブリッドディストリビューター」としての付加価値を提供しております。また、eコマースやデジタルマーケティングにより、ビジネスパートナー様からエンドユーザー様まで幅広くサービスをご提供いたします。

※ SYNNEX Corporationは全世界26ヵ国で従業員を有し、IT製品を中心としたディストリビューション、ロジスティクス、 ソリューションを提供する、米国フォーチュン 500社(2021年117位)に選ばれているグローバルディストリビューターです。フォーチュン 500ランキングについての詳細な情報は、
https://fortune.com/company/synnex/fortune500/
をご参照ください。

【本件に関するお問い合わせ】
〒135-8559 東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F
シネックスジャパン株式会社
デジタルトランスフォーメーション&マーケティング部門 マーケティング本部
e-mail : pr@synnex.co.jp

※掲載されている社名又は製品名は、各社の商標又は登録商標です。
(C)2021 SYNNEX Japan Corp.

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング