レブロン ブランド リローンチ ”LOVE IS ON”

PR TIMES / 2014年12月8日 17時33分

ワールドワイドで展開する化粧品会社のレブロンは、ブランドマーケティングの一環であり、ここ10年以上で初の国際的なブランド キャッチコピーとなるLOVE IS ONを発表しました。
マーケティングキャンペーンの域を超え、世界へ向けて愛のメッセージを発信し、「世界中の人々と愛によってつながるブランドとなること」を目指しています。
ブランドが掲げるこの理念は、あらゆる媒体を通じ全てのマーケットへと発信されます。




ブランド リローンチの背景

〈ロレンツォ・デルパーニ=レブロン プレジデント兼最高経営責任者より〉
「‘LOVE IS ON’の発想は、人を元気にする世界共通の感情とは何か、についての追究から生まれました。その中でも愛は、最も力強くポジティブな感情です。
我々にとって、ブランドの新たな理念としてポジティブなイメージを呼び起こすことは、非常に重要でした。‘LOVE IS ON’に行き着くまでの過程で、我々は偶然にもレブロンの社名にも愛が含まれていることを発見しました。
L-O-V-Eの各文字はREVLONの中心にあります。また、O-NはREVLONの最後の2文字です。レブロンの商品を使ってあなたの気持ちがONになった時、魅惑や憧れ、誘惑、情熱といった、愛の持つあらゆる感情にもっとオープンになれるのです。」

キャンペーン展開

LOVE IS ONキャンペーンは全世界市場における、あらゆるマーケティング戦略にて展開されます。
ブランドイメージ映像やデジタルキャンペーンに使用されるテーマソングは過去の名曲、
“Addicted to Love.(恋に溺れて)”の新カバーバージョンを採用しております。
イメージ映像では、【戯れの恋】からスタートし、【恋に夢中】になり、【情熱的な愛】に到達してゆく愛の物語を表現します。
また、商品においてはブランド アンバサダーである女優、「ハル・ベリー」「エマ・ストーン」「オリビア・ワイルド」がこのブランド コンセプトを表現します。

LOVE IS ON タイムズ スクエア ビルボード展開

レブロンは、ニューヨークのタイムズ・スクエアにあるビルボードを、ワールドワイドなLove Beacon(LOVE IS ONの発信基地)として活用します。
このLove Beaconには、世界中から愛に溢れた写真が24時間投稿され続けます。
更にライブで写真を投影するカメラも設置されており、 タイムズスクエアを訪れているカップルの映像がビルボード上に映し出されることも。
このようにして、愛に関する様々な情報を共有することで、愛に関するイマジネーションを掻き立てます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング