1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

フューチャーショップ、株式会社DROBEが提供するパーソナルスタイリングサービス「DROBE」との業務提携を開始

PR TIMES / 2021年10月5日 20時15分

~アイテム提供により新たな顧客層へのブランド認知拡大、販売機会の増加を実現。在庫も「DROBE」が買い取り~

SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」を提供する株式会社フューチャーショップ(本社:大阪市北区、代表取締役:星野 裕子、以下フューチャーショップ)は、株式会社DROBE(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:山敷 守)が提供する、パーソナルスタイリングサービス「DROBE(ドローブ)」との業務提携を開始いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/8279/59/resize/d8279-59-1f4ad717ed2d40bdf34b-0.png ]

「DROBE」は「似合う服をプロが提案」をテーマに、雑誌・広告のスタイリストやバイヤーなど経験豊富なプロと独自開発のスタイリングAIが、顧客の好み・悩みに合わせて商品をコーディネートし、自宅にお届けするサービスです。

アパレルブランドさまが「DROBE」に提供されるアイテムは、会員数7.5万人(2021年9月現在)に向けてスタイリングされます。

これにより、以下の効果が期待できます。

「DROBE」会員さまへのブランド認知度の向上
今まで手に取る機会がなかった層も「DROBE」からの提案により、試着機会が増加
「DROBE」経由の購入者からの「次はブランドのECサイトやショップに行ってみよう」といった興味・関心を促進
「DROBE」が在庫を買い取るため、過剰在庫や返品のリスクなく上記の実現が可能


サービス詳細については、下記ページからご確認ください。

「DROBE」
https://drobe.jp/

アイテム提供に関する諸条件など、アパレルブランドさまのお問い合わせはこちら
https://forms.gle/cB7jXNzfVmDnToH46

今後ともフューチャーショップは、EC支援事業者さまとのパートナーシップを強化いたします。そして、Eコマース事業の成長のために、EC事業者さまに寄り添うサービスを提供してまいります。

サービス概要

◆ 「futureshop」について

フューチャーショップが提供する「futureshop」( https://www.future-shop.jp/)シリーズは、未来に向けたコマース戦略を創造するSaaS型ECサイト構築プラットフォームです。「futureshop」はCMS機能「commerce creator(コマースクリエイター)」でデザインカスタマイズの高い自由度と更新性を実現しているほか、ロイヤルティマーケティングに取り組める豊富な機能を有しています。

オムニチャネル対応には実店舗とECの顧客統合を行い、さらにきめ細やかなデジタルマーケティングを可能にします。O2Oを実践するポイント統合、実店舗の在庫表示機能も備えた「futureshop omni-channel」をご利用いただけます。

また、プラットフォーム自体の機能が充実しているだけでなく、他システムとも多数連携し、柔軟性や拡張性にも優れています。“売上を創るEコマースプラットフォーム”を目指し、プロユースに応える高機能であることにこだわり、EC事業者さまの「やりたいこと」にとことんお応えします。

株式会社フューチャーショップ 会社概要

代表者:代表取締役 星野 裕子
所在地:大阪府大阪市北区大深町4番20号グランフロント大阪 タワーA 24階
設立:2010年3月 (株式会社フューチャースピリッツより分社)
事業内容:電子商取引(Eコマース)支援サービスの提供
SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」企画・運営・開発
URL: https://www.future-shop.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング