マーケティングプラットフォーム「b→dash」と電子チケット発券サービス「Quick Ticket」が機能連携 国内初、来場者等のビッグデータを活用したOne to Oneマーケティングを実現

PR TIMES / 2018年1月10日 12時1分

~プロスポーツをはじめとしたリアルイベントでの新しい顧客体験が実現~

 株式会社フロムスクラッチ(所在地:東京都新宿区、代表取締役:安部泰洋、以下「フロムスクラッチ」)が開発・提供するマーケティングプラットフォーム「b→dash」と、東証一部・トランスコスモス株式会社が立ち上げた、playground株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:伊藤 圭史、以下「playground」)が提供するコミュニケーション型電子チケット発券サービス「Quick Ticket」は、2018年1月10日(水)より機能連携を開始し、プロスポーツの試合や音楽コンサートなどのリアルイベント領域で国内初となる取組みである、ビッグデータを活用したOne to Oneマーケティングを支援することが決定いたしましたのでお知らせいたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/13454/59/resize/d13454-59-609058-0.jpg ]



 「b→dash」は、企業が保有するユーザーデータ・広告データ・購買データなど、マーケティングプロセス全体に渡る、あらゆるビッグデータの取得/統合/活用/分析/改善を可能にするSaaS型のマーケティングプラットフォームです。

 「Quick Ticket」は、世界で初めてスマートフォン内のコミュニケーションアプリ(LINE/Facebook/メール等)を介した電子チケット受け取りを実現した、「コミュニケーション型電子チケット発券サービス」です。チケット販売事業者は既存のチケット販売・管理システムと「Quick Ticket」をAPI連携するだけで、電子チケットサービスを開始できます。来場者はLINEやFacebookで電子チケットを受け取ることができるため、専用アプリをダウンロードする手間なく気軽に電子チケットをご利用いただけます。

 企業がビッグデータを活用しデジタルシフトを急速に進める一方で、日本のスポーツ業界においてはデータの取得・統合・活用が進んでおらず、デジタルマーケティングが全く実施できていない状況でした。例えば、球場やスタジアムなどで、数万人規模の観客が来場する試合において、実際の来場者の情報は全く取れておらず、チケットの流通についてもプレイガイドやコンビニに任せっきりでした。また、グッズ販売のサイト運営はEC業者に任せており、チームが管理しているデータはシーズンシートの購入者やファンクラブの会員情報程度に留まっています。これにより、ファンの属性データはグッズ購入履歴や実際の来場情報とは全く紐づいておらず、データが断絶されているため、主催者は具体的なデータに基づく施策を打つことが困難な状況でした。また、”スマートスタジアム”と総称されるような先進的な取り組みを行っている興行者でも従来の専用スマホアプリやメールを用いた施策では利用率が低く、効果的なデータが得られないという課題がありました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング