ヴイ・インターネットオペレーションズ、スマートデバイス対応の授業映像・資料の収録・配信ソリューションを提供開始

PR TIMES / 2012年8月3日 14時45分



ヴイ・インターネットオペレーションズ、スマートデバイス対応の授業映像・資料の収録・配信ソリューションを提供開始 ~「Handbook」と連携し、映像を自動変換・配信する「ArgosView 授業配信システム」を発売~

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社の連結子会社であるヴイ・インターネットオペレーションズ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:吉田 太、以下:VIO)は、インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下:インフォテリア)との協業により、スマートフォンやタブレットPCなどスマートデバイスに対応した授業収録・配信ソリューションの提供を9月3日より開始いたします。

今回提供するソリューションは、VIOが開発した授業収録・配信システム「ArgosView 授業配信システム」と、インフォテリアが提供するスマートデバイス向け情報配信・共有サービスのスタンダード「Handbook(ハンドブック)」と連携させ、講義映像や資料の収録から、PCやスマートデバイスへの配信までを自動的に行うものです。

講義映像や資料をオンデマンドで視聴できるシステムは、知的資産の発信や学習効率の向上といった目的から多くの大学・学習塾などで活用されています。加えて近年のスマートデバイスの急速な普及に伴い、講義映像や資料をスマートデバイスに配信することで、その活用をさらに促したいというニーズが高まっています。

本ソリューションは、講義の収録から配信までを自動化することで、講義コンテンツを容易に作成できるようにしたものです。また、スマートデバイスの高い可搬性を生かし、時と場所を選ばず講義コンテンツを視聴できるようにします。

VIOとインフォテリアは、今後もスマートデバイスの機動性を生かしたさらなる映像活用を支援してまいります。


■「ArgosView 授業配信システム」の概要
(1)発売日       2012年9月3日
(2)価格(税抜)   基本パッケージ(4教室):200万円~、年間保守費用:20万円~
            Handbook連携オプション:120万円~、年間保守費用:12万円~
            ※IPカメラ、サーバ等ハードウェアは別途必要となります。
(3)目標       2015年度末までに5億円


■主な特長
(1)どこでも視聴しやすいスマートデバイスに対応することで、講義コンテンツの活用を促進
スマートフォンやタブレットPCなど可搬性の高いスマートデバイスに対応することで、より講義コンテンツを視聴しやすい環境を実現します。授業の二次活用を促し、生徒へ向けた学習サービスの充実を図ります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング