「アニヴェルセル総研」第14弾、結婚意識調査 『男性が結婚したいと思う職業とは?』

PR TIMES / 2015年1月7日 15時8分

婚活に有利な女性の職業? 妻にしたい憧れの職業とは…

ゲストハウスウエディングを展開しているアニヴェルセル株式会社(代表取締役社長 中村 宏明)は、継続的に実態 調査を行い、ホームページ上に設置したコンテンツ「アニヴェルセル総研」(http://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/ )に調査結果を公開しています。第14回目は、首都圏・関西在住の20歳から36歳の男性492名(有効回答数492件)を対象に 調査を行いました。「あなたが妻にしたいと思う憧れの職業はありますか?以下の中からあてはまるものをすべてお選びくだ さい」の質問に対し、調査結果を以下のレポートにまとめてあります。



アニヴェルセル株式会社では、「幸せは、祝福されると記念日になる。」というコンセプトのもと、「アニヴェルセル総研」を通して、結婚に関する興味喚起を訴求してまいります。

やはり強い幼稚園の先生と白衣の天使!2位にランクインしたのは意外にも…

女性の社会進出が高まっており、これまで女性の進出が少なかった職業に就いている女性も多くなってきました。男性が妻にしたいと憧れる職業にも変化があるのでしょうか。調査結果は、以下の通りとなります。まずは、1位から3位までの結果となります。

1位には圧倒的な票数を集めて「幼稚園・保育園の先生」がランクイン。男性の2人にひとりが「妻にしたい職業」として考えているということになります。2位に入ったのは「公務員」。こちらも30%近い高い支持率です。これは「先行き不透明な時代」の経済的な安定志向を反映したものといえるでしょうか。「せめて妻には安定した職業に就いていてほしい…」。この結果 からはそんな男性のつぶやきが聞こえてくるような気がします。3位は「看護師」、25%の得票です。高齢化社会が本格化 するこれからの時代、看護師はますます引く手あまたの職業となるかもしれません。そんな看護師の女性を妻として迎えるには、男性にも「看護師の夫」となる気構えと理解が求められるかもしれません。

4位から7位は専門職が群雄割拠 意外にもあの「憧れの職業」が…!?

つづけて、4位から7位をご覧ください。4位から6位は、ほぼ横並びの接戦です。

4位に入ったのは「ウェディングプランナー」。人生で最高の盛り上がりを見せるイベントといっても過言ではない結婚式を プロデュースして、新郎新婦をきめ細かくフォローする姿は、男性から見ても憧れの女性像として映るのかもしれません。 5位、6位には、「クリエイター・デザイナー」と、「医師」がランクインしました。いずれも、専門職を代表するような職業です。素質と才能、センスが要求され、どちらも一朝一夕になろうと思ってなれる職業ではありません。「才色兼備」な女性を イメージして「憧れる」方が多いのかもしれません。最後の7位になったのは「CA(客室乗務員)」。CAといえば、昔もいまも 女性のあこがれの職業のひとつ。同時に男性にも「妻にしたい職業」として人気があり、上位ランクインは間違いない、と 思っていたのですが、ひょっとすると多くの男性がはじめから「高嶺の花」と諦めて投票しなかったのかもしれません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング