Gunosyとマネーフォワードが業務提携 。新サービス「Gunosy Platform」の第一弾提携パートナーとして参画

PR TIMES / 2014年11月11日 15時40分

新サービス「Gunosy Platform」の第一弾提携パートナーとして参画

お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO 辻庸介、以下当社)は、株式会社 Gunosy(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:福島良典 以下 Gunosy)と業務提携し、Gunosyの新サービス 「Gunosy Platform」に第一弾提携パートナーとして参画し、「マネーフォワードチャンネル」を通じて、自動家計簿・資産管理サービスを提供することが決定いたしました。本サービス開始は、12月以降となる予定です。



情報キュレーションアプリ「グノシー」上に新設される「マネーフォワードチャンネル」を通じて、主に銀行預金の残高情報・入出金情報を一元管理できるサービスを提供いたします。はじめに金融機関の口座情報を登録するだけで、入出金明細や保有資産の情報が毎日自動的にアップデートされますので、ユーザーは最新の支出や保有資産状況を「グノシー」上で気軽に確認できるようになります。累計700万ダウンロードを超える、日本最大級の情報キュレーションアプリ「グノシー」と、170万以上のユーザーを誇る日本最大級の家計・資産管理サービス「マネーフォワード」が提携することで、ユーザーに新たな付加価値を提供してまいります。

◆◇「マネーフォワード チャンネル(仮称)」の概要◇◆
以下のサービスを提供予定です。本サービス開始後、ユーザーの利用状況を踏まえて随時機能拡充いたします。

<主な提供予定機能>
1. 銀行口座の残高、入出金明細の確認
はじめに金融機関の口座情報を登録することで、「グノシー」上で手軽に銀行残高や入出金明細を確認することができます。ビジネスマンの給料日前後の残高状況確認など、便利にご利用いただけます。

2. 残高や入出金に関するプッシュ通知機能
ユーザーがあらかじめ選択したタイミングで残高情報をプッシュ通知でお知らせします。ユーザー自身が定期的にご自身の資産情報を把握できるようにし、お金の動きの見える化をサポートします。

3. お金に関する役立つ情報マガジン「マネトク」の配信
お金に関する様々なトクする情報、家計・資産管理に役立つ情報等を定期的にお知らせします。

◆◇マネーフォワードAPIについて◇◆
本サービスは、マネーフォワードAPIを通じて提供されるサービスです。本APIをご利用いただくことで、ユーザー自身が許可すれば、外部パートナーが提供するサービス上で、マネーフォワードの家計・資産データを活用した様々なサービスを利用できるようになります。当社は、「個人のお金に関する課題を解決する」というビジョンを共有できる様々なパートナーと連携し、ユーザーの課題解決に役立つサービスの提供してまいります。なお、API提供は、マネーフォワードの提携パートナーに限定されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング