スープ春雨を中国全土で販売開始

PR TIMES / 2019年5月22日 6時40分

~ 中国大手食品メーカーとダブルブランド ~



 ひかり味噌株式会社(長野県諏訪郡下諏訪町、代表取締役社長 林善博、以下 当社)は、野菜、畜肉、冷凍食品、はるさめ、食用植物油などの加工食品を手掛ける龍大食品集団有限公司(中国山東省、以下 龍大)と業務提携を締結し、5月よりダブルブランドのスープ春雨の製造販売を開始いたしました。龍大傘下の山東龍大植物油有限公司、龍大商貿有限公司にて中国山東省のスーパーマーケットでの販売を開始し、順次、中国全土の流通に展開いたします。6月からは、中国のインターネットショッピングサイト天猫商城( https://www.tmall.com/)、京东商城( https://www.jd.com/)にて販売を開始いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/22493/60/resize/d22493-60-552214-3.png ]

■スープ春雨の中国販売背景
 当社は、味噌づくりを事業の核としながら、食の多様化やライフスタイルの変化に応じた商品を展開しております。即席みそ汁づくりで培った味の調合技術は、スープ春雨、スープフォーのスープづくりに活かし、即席商品でありながらも美味しさにこだわった本格的な味わいを実現しております。春雨スープは2005年の発売当時、カップタイプが主流でした。そのような中、当社は新たな商品形態として袋入り多食タイプを上市し、以来、その美味しさとお値打ち感からご支持いただきバリエーション展開を拡大しています。
 このたび販売するスープ春雨の主食材となる春雨は、中国が発祥。古来中国において日常に食されています。中国では、中華料理方法の定番である炒め物や鍋物料理に使用されることが多く、その商品展開は大容量の袋入りタイプが主流となっており、スープとして食す春雨は商品化されていません。そのような状況を受け、日本で好評いただいている春雨の食べ方と手軽さを春雨発祥の地である中国の皆様にも味わっていただきたいと思い、中国にてスープ春雨の販売を開始いたしました。
 中国においても健康志向が高まりを見せています。さらに、共働きが基本のライフスタイルという点も受け、低カロリーでありながらも満足感があり、手軽に本格スープで味わうスープ春雨を、新たな春雨の食文化として中国の皆様に提案してまいります。

■龍大との業務提携背景
 龍大は、自然な環境で得られる原料を高度に加工した農産加工業を中核事業とする、中国を代表する食品メーカーです。日本企業との合弁会社を複数有し、海外輸出を積極的に展開しています。GMP、SSOP、HACCPなどの国際ルールに基づき徹底管理された生産体制と確かな品質により、輸出実績は過去10年間で2倍に成長しています。約4000万人民元(日本円にして約6.4億円)を投資して導入された世界最高水準の分析検査設備は、残留農薬をはじめ、1000項目にものぼる検査の実施を可能にしています。2010年には「国家認定企業技術センター」に認定。米国、フランス、日本等の検査機関と業務提携を行い、更なる技術向上に努めています。
 中国において「良質の春雨は龍大にあり」と言われるほど、龍大の製造する春雨は中国国内で支持を得ています。厳選された良質の緑豆を使い、中国古来の伝統的な手法と先進的な管理技術を融合して、透き通って光沢があり、やわらかで尚かつこしがあり、口当たりの良い春雨をつくりあげています。
 当社は、龍大の徹底した品質管理体制と商品品質の高さに信頼をおき、長年に渡り取引関係を構築してまいりました。龍大は、当社の日本国内におけるスープ春雨の販売シェアが裏付ける商品力を評価。今回の業務提携およびダブルブランド商品の販売に至りました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/22493/60/resize/d22493-60-955842-4.png ]

<龍大食品集団有限公司 会社概要>
会社名 : 龍大食品集団有限公司
代表者 : 宮 明杰
所在地 : 中国山東省
資本金 : 23億人民元
創業  : 1972年
売上高 : グループ総売上高141億人民元(2018年) うち輸出売上22億人民元 グループ構成 31社

<スープ春雨 商品概要>
 当社の本格スープと龍大の良質な春雨をさまざまな味でお楽しみいただけるよう、アソートパック2種類と人気の担々風味の詰め合わせ1種類をご用意しました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/22493/60/resize/d22493-60-906911-7.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング