公的保険制度によらない自費リハビリ施設 オープン1周年を記念し新潟医療福祉系大学とタイアッププランを開始

PR TIMES / 2018年9月18日 12時1分

NSGグループの株式会社はあとふるあたごが運営する「脳梗塞リハビリセンター新潟」は、新潟医療福祉大学の教員の協力を得たタイアッププランを開始しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/32951/60/resize/d32951-60-428729-0.jpg ]


脳梗塞リハビリセンター新潟(新潟駅構内)は2017年8月に新潟駅構内で開設した、鍼灸とリハビリを組み合わせた完全オーダーメイドのマンツーマン施術で、今までにない医療保険でも、介護保険でもない公的保険制度に頼らないリハビリを提供する施設です。一人一人に合わせた目標達成シートを利用し、あきらめないリハビリに取り組んでいます。

保険適用で提供できるサービス内容は健康保険法や介護保険法で決められているため、適用期間や施療内容に限りがあり、リハビリも“ある程度のところ”で終わってしまうケースが多々あります。患者さん自身がもっと回復できる可能性に気づかなかったり、命が助かっただけでありがたい…と思い、さらなる回復をあきらめてしまったりする場合もあります。でも、自分でパソコンを入力したい、以前のように仕事を続けたい、介護や介助をするご家族の負担を減らしたいと、さまざまな願いを持っている人も少なくありません。全国的に、自費リハビリの期待は高く内閣官房未来投資会議の「健康・医療・介護」講演においても取り上げられ非常に注目されています。

今回、新潟開設1周年を記念して、新潟医療福祉大学とのタイアッププラン企画を開始しました。同大学と連携し専門分野の研究者がパートナーとなることで、より質の高いサービスを利用者に提供することができると考えております。
また、自費リハビリをより身近に感じていただくために、期間を限定し記念価格でサービスを提供いたします。今後も、自費リハビリの可能性を広げる取り組みを全国に先駆け、地域モデルとして新潟から発信していきます。

■名称:タイアップ記念キャンペーン
■内容:新潟医療福祉大学リハビリテーション学部理学療法学科教員による身体リハビリ(90分)
■場所:脳梗塞リハビリセンター新潟
    新潟市中央区花園1丁目1-1新潟駅ビル COCOLO1階南側
■時間:9:00~18:00(日曜定休) 電話受付時間
■料金:10,000円(通常価格15,000円)※消費税別
■期間:2019年3月末日まで
[画像2: https://prtimes.jp/i/32951/60/resize/d32951-60-926824-1.jpg ]

【脳梗塞リハビリセンター新潟】
新潟県でデイサービスをはじめ、訪問介護、福祉用具販売・貸与、小規模多機能型居宅介護、グループホーム等を展開する株式会社はあとふるあたごが、首都圏でリハビリ事業を展開する株式会社ワイズ(東京)と提携し、脳梗塞などによる動作や言語の後遺症へのリハビリを提供する施設。

営業日/月・火・水・木・金・土曜日
営業時間/9:00~18:00
住所/新潟市中央区花園1-1-1(新潟駅CoCoLoビル1F南側)
電話/025-385-6422 FAX/025-385-6266
Mail/ nourehacenter@heartfull.jp
URL/  https://noureha-niigata.com/

株式会社はあとふるあたご
所在地:新潟市中央区花園1丁目1-1新潟駅ビル COCOLO1階南側
代表者名:代表取締役 柳澤 敏郎
URL:  https://noureha-niigata.com/ 

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング