1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

世界の自動車用PCB市場の主要プレーヤーの分析、需要、成長、サイズ、収益、Covid-19影響調査レポート2021

PR TIMES / 2021年11月11日 9時45分

タイプ別、アプリケーション別、エンドユーザー別、地理的範囲および予測別の世界の自動車用PCB市場規模

東京、2021年11月10日、Market Insights Reports(Ameliorate Digital Consultancyグループの会社)は、2021年11月2日から販売されている自動車PCB市場に関する最新の市場調査レポートをリリースしました。
「自動車用PCB」市場レポートは、定性的および定量的な洞察と、市場のすべての可能なセグメントの市場規模と成長率の詳細な分析を提供します。世界の自動車用PCB業界は、市場の概要、製品の詳細、分類、および市場の集中度を示しています。レポートはまた、会社概要、製品の写真と仕様、容量、生産、価格、コスト、収益、連絡先情報などのさまざまな競争力のあるインテリジェンスパラメータに基づく市場の主要プレーヤーの詳細な調査を提供します。自動車用PCB市場レポートは、SWOT分析、つまり組織に対する強さ、弱さ、機会、脅威に関する詳細な調査を提供します。

このレポートのサンプルコピーを入手してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/10293602562/global-automotive-pcb-market-growth-2021-2026/inquiry?source=prtimes&Mode=70

世界の自動車用PCB市場のトップリーディングカンパニーはAutoliv, Joyson Safety Systems, ZF-TRW, Toyota Gosei, Hyundai Mobis, Nihon Plast, Ashimori, Jin Heng

市場概況:

主要な自動車用PCBサプライヤーの市場シェアに関して、Jingpengはこの分野でリードしており、世界最大のサプライヤーであり、2018年の世界市場での生産シェアは10%を超えています。

自動車業界は、新技術の急速な発展により、短期的にいくつかの構造変化を経験するように設定されています。人工知能(AI)と機械学習は、製造プロセスを大幅に変革し、ロボットの効率、精度、一貫性を向上させます。アクティブセーフティシステムとドライバーアシスタンスを含むレベル2の自動化により、OEMは魅力的な機能を追加し、収益の成長を促進することができます。ただし、レベル4の自動運転車の本格的な展開では、テクノロジーの成熟と消費者の受け入れがさらに遅れることが予想されます。

製品タイプとアプリケーションによる世界の自動車用PCB市場の分割:

このレポートは、タイプに基づいて世界の自動車用PCB市場をセグメント化します。

フロントエアバッグ
サイドエアバッグ
カーテンエアバッグ
ニーエアバッグ
その他

アプリケーションに基づいて、世界の自動車用PCB市場は次のように分類されます。

セダン
SUV
ピックアップトラック
その他

世界の自動車用PCB市場:地域分析

レポートは、米国、カナダ、ドイツ、フランス、英国、イタリア、ロシア、中国、日本、韓国、台湾、東南アジアなどの重要な地域における自動車用PCB市場の成長とその他の側面の詳細な評価を提供します。メキシコ、ブラジルなど。レポートの対象となる主要な地域は、北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカです。

完全なレポートを閲覧する:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/10293602562/global-automotive-pcb-market-growth-2021-2026?source=prtimes&Mode=70

レポートは、次の指針に関する洞察を提供します。

第1章 調査範囲

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 プレーヤーによる自動車用PCB市場の競合状況

第4章 タイプおよびアプリケーション別の自動車用PCB市場規模

第5章 グローバルおよび地域分析

第6章 会社概要、最近の動向、および投資

第7章 市場機会、課題、リスクおよび影響要因分析

第8章 画期的な製品開発によるバリューチェーンと販売チャネルの分析

第9章 調査結果と結論

第10章 方法論/研究アプローチ

最後に、自動車用PCB市場レポートは、ビジネスを飛躍的に加速させる市場調査を得るための信頼できる情報源です。レポートは、主要な場所、アイテムの価値、利益、制限、生成、供給、要求、市場の発展率と数値などの経済状況を提供します。自動車PCB業界レポートはさらに、新しいタスクSWOT分析、投機的達成可能性調査、およびベンチャーリターン調査を提示します。

その他の関連レポートを閲覧する:

世界の自動車用PCBリレー市場2021年、メーカー、地域、種類、用途別、2026年までの予測

世界の自動車用PCBリレー市場は、世界中で車両の安全基準が高まり、エンドユーザーの間で電気乗用車の採用が増加しているため、力強い成長を遂げています。さらに、自動車の安全を促進するための政府の規則や規制は、市場の成長に影響を与える注目すべき要因の1つになります。世界の自動車用PCBリレー市場レポートは、市場の全体的な評価を提供します。レポートは、主要なセグメント、トレンド、ドライバー、制約、競争力のある風景、および市場で重要な役割を果たしている要因の包括的な分析を提供します。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/02152606013/global-automotive-pcb-relays-market-research-report-2021?mode=70

PCB市場規模、メーカー、サプライチェーン、販売チャネル、クライアント向けのグローバル銅箔、2021~ 2027年

銅箔は厚さ150m未満の銅箔で、圧延銅箔と電解銅箔の2種類があります。通常、圧延銅箔は電解銅を連続的に圧延・焼鈍して作られ、長さには制限があります。
PCB市場向けの銅箔には、Kingboard Holdings Limited、Nan Ya Plastics Corporation、Chang Chun Group、Mitsui Mining&Smeltingなどの主要企業があり、2018年の市場シェアは58.8%です。世界の大手メーカーは主にアジア太平洋地域に分布しています。 。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/08023129311/global-copper-foil-for-pcb-market-size-manufacturers-supply-chain-sales-channel-and-clients-2021-2027?mode=70

世界のリジッドフレックスPCB市場規模、メーカー、サプライチェーン、販売チャネル、クライアント、2021年から2027年

世界のリジッドフレックスPCBの主なメーカーには、日本メクトロン、ユニミクロン、ヤングプーングループ、サムスン電機、ナンヤPCBなどがあり、市場の30%を占めるシェアを占めています。中国は再循環チラーの最大の市場であり、シェアは約50%です。製品の種類は、単層、二層、多層に分けられます。最も一般的な製品は単層で、シェアは40%を超えています。アプリケーションに関しては、軍事および航空宇宙、医療、民生用デバイスなどで広く使用されています。最も一般的なアプリケーションは消費者向けデバイスであり、シェアは40%を超えています。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07303127600/global-rigid-flex-pcb-market-size-manufacturers-supply-chain-sales-channel-and-clients-2021-2027?mode=70

世界のフレキシブルPCB市場の成長2021-2026

米国のフレキシブルプリント回路基板市場は、2021年に21億米ドルと推定されています。世界第2位の経済大国である中国は、2026年までに45億米ドルの市場規模に達すると予測されています。注目すべき地理的市場は日本とカナダであり、分析期間中にそれぞれ6.7%と7.2%で成長すると予測されています。ヨーロッパでは、自動車用電子機器の使用の増加により、自動車部門でのフレックスPCBの用途が拡大しています。ヨーロッパ内では、ドイツは約7.2%で成長すると予測されています。さまざまな家庭用電化製品の生産と需要の増加、IoTへの注目の高まり、およびフレキシブルディスプレイ技術への関心の高まりが、フレックスPCBの採用を後押しすると予想されます。透明なフレキシブル回路は最近大きな関心を集めています、スマートフォンやタブレットPCなどのデバイスのタッチスクリーンディスプレイでの受け入れの増加によって推進されています。これらのアプリケーションの主な要件は、LCDパネルの可視性を可能にするためのフレキシブル回路の透明性です。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/04192809617/global-flexible-pcb-market-growth-2021-2026?mode=70

グローバルプリント回路基板(PCB)市場調査レポート2021

アジア太平洋地域は、自動車の電子コンテンツの増加、および家庭用電化製品や通信製品の成長により、最大の市場であり続け、予測期間中に最も高い成長を遂げると予想されます。環境問題や規制の高まりによる電気自動車の使用の増加も、この地域でのPCBの需要を促進すると予想されます。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/02012579084/global-printed-circuit-board-pcb-market-research-report-2021?mode=70

中国プリント回路基板(PCB)E-scrap Recycling Market Report&Forecast 2021-2027

現代のリサイクル技術の出現は、環境に優しく、経済的に優れたリサイクル方法を促進するアプローチに焦点を合わせています。その結果、さまざまな鉄金属が回収され、e-scrapおよびPCBe-scrap市場への新規投資が促進されました。長年にわたり、通信回路カードを含む廃棄物の生産が急増しています。すべての地域の中で、アジア太平洋地域は近年、この問題が国内のプレーヤーや政策市場の注目を集めているのを見てきました。注目すべきことに、中国はアジア太平洋地域の電子スクラップおよびPCB電子スクラップ市場の発展の主要な推進力でした。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/09013210285/china-printed-circuit-board-pcb-e-scrap-recycling-market-report-forecast-2021-2027?mode=70

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください