中国の話題作を日本で出版版権エージェント 大ベストセラー小説「上海、かたつむりの家」日本語版 プレジデント社から出版決定

PR TIMES / 2012年8月23日 15時31分



 コンテンツの企画制作プロデュース事業、クリエイター・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川 幸広)は、中国のベストセラー小説「蝸居」を出版版権エージェントし、邦題「上海、かたつむりの家」として、8月31日にプレジデント社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 長坂 嘉昭)より出版されることが決定いたしました。

 「上海、かたつむりの家」は、現代中国を代表する流行作家の一人である 六六(リュウリュウ)氏により執筆され、2007年に中国で出版された作品です。この作品は、貧富の拡大、拝金主義、土地の高騰、住宅問題、官僚の汚職、不倫・愛人問題、ローン地獄など今の中国の暗部が100%リアルに描かれたフィクションで、中国国内でも「太事実了(リアル過ぎる)!」と言われた内容となっております。本書は2009年に中国国内でドラマ化され爆発的にヒットしましたが、内容のリアルさゆえ、現在も再放送が禁止されているほどの作品です。

 当社では、昨年より1年半で日本の出版物を中国、台湾、韓国で500冊成約した実績があり、この中国の出版社とのネットワークを活かし、日本への出版版権エージェントを強化しており今回の取扱いとなりました。当社では日本の出版物を中国等の海外に出版版権エージェントするのが主ですが、今後、中国や台湾、韓国の出版物を日本に仲介する機会が増えると思われます。なお、今回の作品は、日中国交正常化40周年を記念して出版されます。

 今後も、日本や海外の優秀な作品を出版版権エージェンシーとして紹介していくことにより、当社の目指す「クリエイティブの力による豊かな社会」の実現を目指してまいります。

■作品紹介
 タイトル:「上海、かたつむりの家」 (原題「蝸居」)
 著者:六六(リュウリュウ)
 翻訳:青樹 明子
 出版社:プレジデント社
 価格:本体1,900円+消費税

 四六判/並製/480項(予定)

◆書籍販売Webアドレス
http://str.president.co.jp/str/book/detail/BK002021/



本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社クリーク・アンド・リバー社
経営企画部 橿渕 稔樹 Toshiki.kashibuchi@hq.cri.co.jp
TEL:03-4550-0008 FAX:03-4550-0018 
URL:http://www.cri.co.jp



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング