「アジア・世界のゲートウェイ」の実現に向けて まち全体でインバウンド向けサービスも順次拡大中!レストラン・カフェの全84店舗で、メニュー表の多言語化を実施します

PR TIMES / 2014年10月29日 10時50分

グランフロント大阪は、おかげさまで まちびらきから1年半で来場者延数が7,800万人を突破



グランフロント大阪(大阪市北区大深町)には、毎日たくさんのお客様にご来場いただき、おかげさまをもちまして、今般、「まちびらき」から1年半を迎え、その間の来場者延数が、7,800万人を突破しました。
また、海外から日本を訪れる方(インバウンド)の数は増加の一途をたどり、本年3月から7カ月連続で月間の訪日客数が100万人を超える(出典:日本政府観光局(JNTO))など、日本への観光熱が高まりを見せており、グランフロント大阪へのご来場のお客様の中でも、インバウンドの方が目立って増えてきました。
そこで、今般、グランフロント大阪では、増加するインバウンドのお客様に対応し、より一層お楽しみいただけるよう、本年11月末までに、グランフロント大阪の商業施設「ショップ&レストラン」および知的創造拠点「ナレッジキャピタル」のカフェやレストラン全店で多言語化したメニュー表をご用意いたします。
グランフロント大阪は「アジア・世界のゲートウェイ」として、これからも「多様な人々や感動との出会いが新しいアイディアを育む街」の実現を目指していきます。

1.来場者延数について
2013年4月26日~2014年10月25日来場者延数 7,800万人

「ナレッジキャピタル」「ショップ&レストラン」等を含めた“グランフロント大阪全体”の来場数です。
「ナレッジキャピタル」「ショップ&レストラン」各々での来場者数の集計は行っていません。

■まちびらき以降の来場者延数の推移(ご参考)
2013年4月26日~5月25日(まちびらきから1カ月)※1  761万人
2013年4月26日~9月30日(同約5カ月)※2  2,700万人
2013年4月26日~2014年2月28日(同約10カ月)※3  4,600万人
2013年4月26日~2014年4月25日(同1年)※4  5,300万人
----年間目標 3,650万人

2013年4月26日~2014年10月25日(同1年半)  7,800万人
(2014年4月26日~2014年10月25日(2年目からの半年)) (2年目延数:2,500万人)
----年間目標 3,650万人

※1:2013年5月26日発表、※2:2013年10月17日発表、※3:2014年3月5日発表、※4:2014年4月25日発表

2.インバウンド誘致に向けた取り組みの進展
(1)グランフロント大阪でのインバウンド来館の状況
グランフロント大阪では、まちびらき以降、国内だけにとどまらず、海外の方々にも注目され、インバウンドのお客様が目立って増えてきました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング