【カンタベリーオブニュージーランド】日本代表オリジナルタオルマフラーをプレゼントします

PR TIMES / 2013年10月7日 11時52分

11月2日、日本代表対ニュージーランド代表戦、日本代表レプリカジャージ着用の先着2,000名

株式会社ゴールドウインのグループ会社である株式会社カンタベリーオブーニュージーランドジャパン(本社:東京都港区/社長:森本邦夫)は11月2日(土)秩父宮ラグビー場にて行われる「リポビタンDチャレンジカップ2013」日本代表対ニュージーランド代表のテストマッチにおいてラグビー日本代表レプリカジャージを着用して来場されたファンの方々に日本代表オリジナルタオルマフラーを先着2,000名にプレゼントします。



これは公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(所在地:東京都港区/会長 森喜朗)がこの度始動した、「RED OUT -Project for 2019-」の一環で、スタジアムで応援して下さるファンの皆様にも、同じ「日本代表ジャージ」を着用して日本代表選手たちと共に試合に臨み、戦っていただくことを目的としています。

このオリジナルマフラーはこの日、秩父宮ラグビー場でしか手に入れることのできない、日本ラグビーの象徴「桜」のエンブレムが入った特製タオルマフラーです。
日本代表のオフィシャルサプライヤーを務めている当社は一人でも多くのファンの皆様がスクラムを組み、スタジアムを真っ赤に染め、世界最強と称されるニュージーランド代表(オールブラックス)との世紀の一戦を日本代表選手と共に戦っていきたいと考えています。


【「リポビタンDチャレンジカップ2013」日本代表対ニュージーランド代表】
開催日:2013年11月2日(土)  
会場:東京 秩父宮ラグビー場
対象者:日本代表レプリカジャージを着用して来場された方、先着2,000名
(新・旧、ファースト・セカンド問わずラグビー日本代表ジャージ・シャツ含む。練習ウェアなどは含まず。)


*カンタベリーオブニュージーランド
1904年ニュージーランド カンタベリー州にてウールニットメーカーとして創業。
ラグビージャージの原型を作り上げ、ラグビー日本代表を始め、イングランド代表、南アフリカ代表などの世界のトップチームへのユニフォーム供給など、世界中のラガーマンに愛用され、信頼されているブランドです。

*「カンタベリーオブニュージーランド」 WEBサイト   http://www.goldwin.co.jp/canterbury/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング