第11回「MONEXグローバル投資家サーベイ」実施

PR TIMES / 2013年12月20日 16時29分

2014年、個人投資家が注目する魅力的な投資対象は「株式」



 2013年11月に実施した第11回「MONEX グローバル投資家サーベイ」(注1)において、日本、米国、中国(香港)の個人投資家による今後3ヶ月程度の世界の株式相場に対する見通しDI(注2)は、すべての地域で20ポイント以上の大幅上昇となり、すべての地域でプラス圏となったのは2011年6月の調査開始以来初めてのことです。
 また、各地域の個人投資家に、2014年の魅力的な投資対象についてたずねたところ、すべての地域の個人投資家が株式を投資対象として魅力的だと考えていることが分かりました(日本:79% 米国:67% 中国(香港)87%)。さらに、株式を魅力的だと考えている個人投資家に投資したいエリアについてたずねたところ、それぞれの地域の投資家は自分の地域の市場に高い期待を寄せており、「ホームマーケット・バイアス(自国市場偏重)」があることが分かりました。

主な調査結果
(1)世界の株式市場に対する見通しDIは、調査開始以来初めてすべての地域で大幅上昇
[調査対象:日本、米国、中国(香港)の個人投資家、グラフ1]

【見通しDI(日本)】 (2013年9月)22 →(2013年11月)48(+26ポイント)
【見通しDI(米国)】 (2013年9月)-4 →(2013年11月)27(+31ポイント)
【見通しDI(中国(香港))】(2013年9月)6 → (2013年11月)50(+44ポイント)
 各地域の個人投資家の今後3ヶ月程度の世界の株式市場に対する見通しDIは、すべての地域で20ポイント以上の大幅上昇となり、すべての地域でプラス圏となったのは、2011年6月の調査開始以来初めてのことです。また、米国の個人投資家の見通しDIは、2012年9月調査以来5四半期ぶりにプラス圏に転じました。

(2)日本の個人投資家の株式市場見通しは、すべての地域で上昇
[調査対象:日本の個人投資家、グラフ3]

【日本株DI】(2013年11月上旬)39 →(2013年11 月下旬)54(前月比+15ポイント)
【米国株DI】(2013年11月上旬)32 →(2013年11月下旬)39 (前月比+7ポイント)
【中国株DI】(2013年11月上旬)-46 →(2013年11 月下旬)-37(前月比+9ポイント)
 日本の個人投資家に今後3ヶ月程度の各国(日本、米国、中国)の株式市場見通しについてたずねたところ、中国株DIがマイナス圏にとどまっているものの、株式市場見通しは、すべての地域で上昇しました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング