【住まいの汚れに関するアンケート調査】掃除の主担当は決まっていて、「ほとんどその人がする」が4割弱。「一部分担している」が2割弱

PR TIMES / 2013年12月25日 9時21分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『住まいの汚れ』に関してインターネット調査を実施し、2013年12月1日~5日に11,536件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18506/


──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■住まいの掃除の主担当は決まっていて、「ほとんどその人がする」が4割弱、女性30代以上では5割前後。「一部分担している」が2割弱
■住まいの汚れで気になるところは「換気扇、レンジフード」が最も多く、「浴室」「キッチンの床や壁など」「ガス台、グリル」「排水口」「トイレ」「窓ガラス、サッシ、カーテンレール」などが続く
───────────────────────────────────────────



◆掃除の分担
 住まいの掃除を主に担当する人は決まっていて、「ほとんどその人がする」が38.6%、「一部分担している」が18.6%となっています。女性30代以上では「ほとんどその人がする」が5割前後みられます。「特に分担は決まっていない」は18.2%です。


◆掃除をする頻度、定期的に掃除する場所
 掃除をする頻度は「週2~3回」「週1回」が各2割強、「ほとんど毎日」は1割強となっています。女性は「ほとんど毎日」が30代以上で2~3割みられ、頻度は高年代層ほど高い傾向です。普段定期的に掃除する場所を聞いたところ、「浴室」「トイレ」が6割、「フローリング、床の間」「洗面所」「流し台、シンク」が各5割前後となっています。


◆住まいの汚れで対処していること
 住まいの汚れについて対処していることは「普段の掃除をきちんとやる」が30.3%、「汚れが付着する前に、こまめに掃除・手入れをする」「普段の掃除以外に、念入りに掃除をする日を作る」が各2割弱となっています。


◆住まいの汚れで気になるところ
 住まいの汚れで気になるところは「換気扇、レンジフード」(42.3%)が最も多く、「浴室」「キッチンの床や壁など」「ガス台、グリル」「排水口」「トイレ」「窓ガラス、サッシ、カーテンレール」などが続きます。


──<< 回答者のコメント >>────────────────────────────
◆住まいの汚れで気になること・困っていること (全4,475件)
・いろんな家具の上のほうにホコリが溜まっている。対処できていない。(男性62歳)
・テレビやレコーダーなどの操作部分やプレーヤーの開けたとことかにホコリがたまるのが気になる。(男性42歳)
・ネコがいるので薬品を使いたくないが、使わないと汚れが落ちない。(男性53歳)
・フローリングのコーティングが剥がれてしまうこと。定期的にワックスがけをする。(男性24歳)
・ベランダにホコリやゴミが溜まっていてどう掃除すれば良いか悩んでいる。(女性28歳)
・小さい子どもがいるのでカーペットが食べこぼし等ですぐ汚れてしまうこと。(女性30歳)
・庭の葉っぱがどれだけ掃除しても、すぐ増える。庭近くの雑草の掃除が大変。(男性51歳)
・排気ガスの灰によって窓周囲に細かい砂がつもって汚れていること。(男性21歳)
・壁紙のつなぎ目の黄ばみ。10年ほど住んでいますが最近目立ってきたように感じます。(男性30歳)
・網戸の掃除が面倒で方法も良く分からず、なかなかとりかかれない。(女性31歳)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング