カラダノート、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、2020年4月入社の内定取り消しを受けた学生を対象に4月入社の採用選考を実施します。

PR TIMES / 2020年3月12日 17時45分

「家族の健康を支え笑顔をふやす」をミッションとし、家族のライフステージごとの意思決定支援サービスを行なう株式会社カラダノート(東京都港区/代表:佐藤竜也/以下当社)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月入社の内定を取り消しされた学生を対象に採用選考を2020年3月12日(木)より実施いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/31718/62/resize/d31718-62-662485-0.jpg ]


■学生たちの”健康”を、採用で支えたい
新型コロナウイルスに影響でサービス業や小売業などをはじめとする業界で経営難や客足が遠のくというニュースを目にするようになり、2020年3月10日配信の『日刊ゲンダイデジタル』では「新型コロナ感染拡大が新卒者を直撃「内定取り消し」の悪夢」という記事が公開され、新型コロナウイルスの影響が人材採用にも大きく影響していることをしりました。
(出典: https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/270182
当社は、「家族の健康を支え笑顔をふやす」をミッションとしており、「健康」は身体だけでなく精神面も大きく意味すると考えいます。
卒業式の中止や延期に加え、4月以降の進路においても先行きが不透明になってしまった内定取り消しを受けた学生は現在大きな不安を抱えていると感じ、採用選考を開くことで学生たちの一助になればという思いで実施することを決定しました。

■2020年4月新卒入社募集概要
対象:・2020年3月卒業の大卒・短大卒・専門卒の学生、
   ・新型コロナウイルスの影響で他社で、内定の取り消しを受けた学生
募集職種:総合職(マーケティング部署に配属予定)
募集詳細:Wantedlyにて公開
詳細  : https://www.wantedly.com/projects/432884


■カラダノートの意思決定支援事業
妊娠育児層に対し、子育て支援アプリの運営やマーケティング活動などを通して対象ユーザーの集客を実施しています。ライフステージによって興味関心が特に移り変わっていく妊娠育児層へのアプローチに役立てます。アプリシリーズ合計で約55万MAU、毎月新規で3~4万人以上の接触可能ユーザーを獲得しています。


企業名 :株式会社カラダノート
本社  :東京都港区芝公園2-11-11芝公園2丁目ビル3F
代表  :佐藤竜也
事業内容:ファミリーデータプラットフォーム事業
妊娠出産育児にまつわるツールアプリ開発、プレママ/ママ向け情報コンテンツ配信
URL : https://corp.karadanote.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング