フリースケール、世界で最もエネルギー効率に優れたマイクロコントローラ、Kinetis Lシリーズの量産出荷を開始

PR TIMES / 2012年9月27日 12時1分



フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ)は、世界で最もエネルギー効率に優れ、数々の受賞歴を誇る業界初のARM(R) Cortex-M0+プロセッサベースの32ビット・マイクロコントローラ「Kinetis(キネティス)Lシリーズ」の量産出荷を開始しました。

今年初めに発表されたKinetis Lシリーズは、フリースケールの新しいFreedom開発プラットフォームによってサポートされる最初の製品です。フリースケールFreedom開発プラットフォームは、低消費電力かつ費用対効果に優れた小型の評価/開発システムで、ユーザ・アプリケーションの迅速なプロトタイプ作成とデモンストレーション実施を可能にします。

Kinetis Lシリーズの最初の製品である「KL25」とフリースケールFreedom開発プラットフォームは、element 14、Digi-Key Corporation、Mouser Electronicsなど、グローバルな半導体、および電子部品の代理店やサプライヤを通じて幅広く提供されます。フリースケールFreedom開発プラットフォームは1万5000台以上の注文を受けており、すでに出荷が開始されています。

フリースケールの副社長兼インダストリアル&マルチマーケット・マイクロコントローラ部門担当ジェネラル・マネージャであるジェフ・リースは、次のように述べています。「フリースケールは、世界で最もエネルギー効率に優れたマイクロコントローラをできる限り早くお客様の手元に届けるため、日々懸命に取り組んできました。その結果、ARM Cortex-M0+コアの発表からわずか6ヶ月で、この最新コアに完全対応するKinetis Lシリーズの量産が可能になりました。従来の8ビット/16ビットのユーザも容易に32ビットに移行できるでしょう。」

KL25の特長
Kinetis Lシリーズ・ファミリには、スケーラブルなFlashメモリ・オプション、さまざまなピン数、アナログ/通信/タイミング/制御用の各種ペリフェラルが用意されており、ユーザの製品ラインナップを容易に拡充することができます。KL25の主な特長は次のとおりです。
・48MHz ARM Cortex-M0+コア
・わずか40uA/MHzでFlashメモリからコード実行
・32KB~128KBのFlashメモリ
・高速12ビット/16ビット・アナログ・デジタル・コンバータ
・12ビット・デジタル・アナログ・コンバータ
・高速アナログ・コンパレータ
・低消費電力タッチ・センサ
・モータ制御など、幅広いアプリケーションに対応する強力なタイマ
・USB 2.0フルスピード・ホスト/デバイス/OTGコントローラ
・Kinetis K20ファミリとのピン互換性/ソフトウェア互換性。DSP性能や先進的な機能統合に向けた製品アップグレード・オプションを提供

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング