カタールの女性移住労働者が虐待されている

PR TIMES / 2014年4月23日 19時9分

横行する雇い主による暴力 保護しないカタール政府

2022年のサッカーワールドカップ施設建設で、カタールには大勢の労働者が流れている。こうした一時的な流入とは別に、湾岸諸国には南アジア、東南アジアから来た家事労働者もたくさんいる。カタールも例外ではない。しかし、多くの女性が斡旋業者のウソの条件にだまされ、逃げ出すこともできずに過酷な労働を強いられている。性的暴力を受けることもある。アムネスティ・インターナショナルは本日発表した報告書で、その実態を明らかにした。

カタールでは外国籍家事労働者は、法律で労働者として権利を守られることもなく、強制労働や人身売買などの搾取や虐待にさらされている。

アムネスティ調査員は、甘言の罠にはまった女性たち52人から話を聞いた。そこには、横暴な雇用主の下で過酷な労働を強いられ、外出も認められず、外出を希望すると暴力をふるわれる実態があった。1日の休みもなく、週100時間も働いたという女性もいた。

カタールの法律には、家事労働者の労働時間に制限はなく、休日規定もない。労働省への苦情申し立てもできない。その結果、家事労働女性は悲惨な状況に置かれる。事労働者の身元保証には厳しい制約があり、雇用主の承諾なく離職や出国ができない。やむにやまれず雇用主から逃げ出せば、「逃亡者」の烙印を押された上、たいていは身柄を拘束され、強制送還となる。

同国の女性移住家事労働者数は8万4000人を超え、その大半が南アジア、東南アジアからの人びとである。2013年3月、ドーハの強制送還センターに収容されている女性の95パーセントは、家事労働者だった。

その1人のインドネシア人女性は、調査員に、雇用主(女性)から熱したアイロンを押し付けられてできた腰のひどいやけど跡を見せてくれた。1週間に1日の休みもなく、何カ月も給与が支払われていないという。雇用主は外出を許さなかった。何とか家から脱出したが、結局は警察に捕まり勾留された。

叩かれ、髪を引っ張られ、目を突かれ、蹴られて階段から落ちたという女性たちもいた。こうした虐待を告訴しても、壁は厚い。聞き取りを行った犠牲女性たちの加害者は誰一人として、起訴や有罪判決を受けていないという。

さらに悲惨な女性もいる。雇い主の強かんの手から逃れて窓から落ちた女性が、地面に倒れて動けなくなった(後に、両足骨折、脊椎損傷と診断)。その彼女に雇い主は性的暴行を加えた。救急車を呼んだのはその後だった。告訴したが証拠がないとして却下され、雇い主は罪を問われなかった。女性はその後、フィリピンに帰国した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング