1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

リミニストリート 受賞歴のあるサポート、アプリケーションマネジメント、セキュリティ、および移行サービスを、市場をリードするオープンソースデータベースに拡張

PR TIMES / 2021年9月3日 18時45分

リミニストリートは、独自のOracle、IBM DB2、Microsoft SQL Server、SAP Sybase / MaxDB / HANA、およびオープンソースのMySQL、MariaDB、 PostgreSQL、MongoDBデータベースプラットフォーム向けに、単一のパートナーからグローバルでミッションクリティカルな「ターンキー」エンタープライズクラスのデータベースサービスを提供しています。



2021年9月1日、ラスベガス – エンタープライズソフトウェア製品とサービスを世界的に提供する、OracleおよびSAPソフトウェア製品の第三者保守サポートの業界リーダーで、SalesforceのパートナーであるRimini Street, Inc.(Nasdaq: RMNI)は、本日、受賞歴のある、ミッションクリティカルな24時間365日体制のサポート、アプリケーションマネジメント、セキュリティ、および移行サービスを独自のデータベースに加えて、MySQL、MariaDB、PostgreSQL、MongoDBを含む市場をリードするオープンソースデータベースに拡張したことを発表しました。

リミニストリートには400人近くのフルタイムのデータベースに熟練したエンジニアがおり、データセンターおよびクラウド環境での独自のデータベースプラットフォーム又はオープンソースデータベースプラットフォームのサポートを含むデータベースプラットフォームのP1クリティカルケースに対して、リミニストリートの24時間365日体制で、世界中どこでも10分のエンジニア応答時間が保証されたミッションクリティカルサポートに頼った世界中の1,400社を超えるクライアントにデータベースサービスをすでに提供しています。提供されているクライアントは、多くの国で数千のインスタンスを備えた最大かつ最も複雑なFortune500およびGlobal100データベースインフラストラクチャから、単一のデータベースインスタンスを備えた中規模企業まで多岐にわたります。提供されている産業は、製造、流通、エネルギー、小売、ホスピタリティ、運輸、金融サービス、ヘルスケア、公共部門、軍事、防衛部門、技術、メディア、及び通信に至ります。


多様で成長してきてるエンタープライズデータベースランドスケープのための単一サポートプロバイダー

リミニストリートの統合されたベンダーに依存しないデータベースサービスは、企業全体でますます多様化、複雑化、そして成長するデータベース環境の運用管理を簡素化し、システムパフォーマンス、結果、そしてユーザー満足度を向上させると同時に、クライアントのITリソース(時間、お金、人員)を解放し、より戦略的なビジネスの優先順位に集中できるための財務およびリソースの効率を高めることを可能にしてます。

すべてのクライアントには、平均20年の経験を持ち、熟練したデータベースエキスパートのチームに支えられたプライマリーサポートエンジニアが少なくとも1人は割り当てられています。独自の特許出願中の人工知能(AI)ツールを使って、数百人のリミニストリートサポートエンジニアの専門知識を検索し、クライアントの問題を数秒で解決するためのリソースを特定することができます。解決したケースの顧客満足度スコアは、5.0満点中4.9点(5.0点は「素晴らしい」)という評価を得ています。


オープンソースデータベースの人気が独自のデータベースを上回る

DB-Enginesの2021年のランキングによると、現在ではオープンソースデータベースの人気は、独自のデータベースを上回っています[1]。ライセンスとサポートのコスト削減、ライセンスコンプライアンスの問題の回避、展開の柔軟性など、人気の高まりにつながる多くの要因があります。

[1] DB-Engines, Open Source vs. Commercial databases, https://db-engines.com/en/ranking_osvsc


リミニストリートは、エンタープライズクラスのオープンソースデータベースサービスのニーズに対応

オープンソースデータベース市場の人気が高まっている一方で、CIOやITチームに新たな課題を生み出しています。特に、セルフサポート、試行錯誤の運用モデル、及びコミュニティサポートへの依存を含む従来のオープンソースサポートモデルでは、ミッションクリティカルな運用要件に対して十分なサポートが提供されていません。

異なるプラットフォーム間ではデータベース管理者のスキルは容易に対応できないため、セルフサポートは多くの場合、実施しながら学習することになります。オープンソースコミュニティのサポートには、IT部門が重大な問題を解決するための迅速で信頼性の高い、24時間365日体制の対応の必要性と、パフォーマンスチューニング、セキュリティ、仮想化、システム診断、および高可用性要件に関するエンタープライズアプリケーションの豊富な経験が欠けています。

オープンソースデータベース向けのリミニストリートのサービスは、セルフサポート、コミュニティサポート、およびミニストリートが提供する幅広い、包括的なエンタープライズクラスのエンジニアリングスタッフとグローバルな24時間365日体制のミッションクリティカルな「ターンキー」の配信機能を持たないベンダーからのサポートで欠けている部分へのサポートを提供することにより、これらの課題に対処しています。

Constellation Researchの主席アナリスト兼創設者であるR 'Ray ' Wangは、次のように述べています。「コミュニティのサポートとセルフサポートのオプションは、オープンソースの使用を拡大し、ビジネスのサービスレベル要件も満たしたいIT部門にとっては十分ではありません。」 「必要なのは、市場でのこのニーズを満たすだけでなく、企業全体の独自のデータベースとオープンソースデータベースの新しく変化する組み合わせの管理を簡素化するのに役立つエンタープライズクラスのソフトウェアサポートモデルです。」


独自のデータベースからオープンソースデータベースへの専門的な移行

リミニストリートのデータベース向け統合サービスを補完するものとして、当社は移行アドバイザリーおよび完全なデータベース移行サービスも提供し、組織がデータベースランドスケープをスムーズかつ系統的に多様化して、可能な場合はオープンソースプラットフォームを活用してコストと運用上のメリットを最適化できるようにします。当社の幅広いデータベースの専門知識は、クライアントが選択したミッションとインスタンスを独自のデータベースからオープンソースデータベースに移行する戦略を設計および実行するのに役立ち、戦略的計画、移行の実行、そして運用開始までのデータベース移行の全過程を通じてサービスを提供します。


革新的なアプリケーションマネジメントとデータベースセキュリティサービス

リミニストリートは、独自のデータベースプラットフォームとオープンソースデータベースプラットフォーム全体で、包括的なアプリケーションマネジメントと高度なデータベースセキュリティサービスを提供します。リミニストリートのアプリケーションマネジメントサービス(AMS)には、システムやユーザーに影響を与える前に、当社のエンジニアが潜在的な問題を特定して対処できるためのプロアクティブなデータベースヘルスチェックと24時間365日体制のミッションクリティカルなパフォーマンスおよび運用モニタリングが含まれています。 リミニストリートのアドバンスドデータベースセキュリティ(ADS)サービスには、特定された攻撃ベクトルと脆弱性を高価なテストも含まれる数週間、数か月、数年というソフトウェアベンダーの古くて不十分なパッチ適用モデルの場合に当てはまる時間ではなく数時間でブロックできる革新的で実績のあるソフトウェアと技術が含まれています。

リミニストリートのCEOであるセスA.ラビンは、次のように 述べています。「いくつものクライアントはすでに、独自のデータベース環境に加えて、最先端のオープンソースデータベースに超応答性の受賞歴のある弊社のサポートを拡張するために採用し、データベース移行サービスを活用しています。」

「リミニストリートは現在、組織が企業全体で独自のデータベースプラットフォームとオープンソースデータベースプラットフォームの両方の使用と価値を最大化できるようにしています。これらはすべて、クライアントのすべてのデータベースプラットフォームにおいてシームレスで超応答性の高いサービスを提供する単一のアプリケーションパートナーの下でサポートされています。クライアントは、リミニストリートの実績のあるデータベースの専門知識、豊富なエンジニアリングスタッフ、サービス業務範囲、及びエンタープライズクラスの配信機能の恩恵を受けています。」

リミニストリートの受賞歴のあるデータベース向けサービスの詳細については、ここをクリックしてください。
https://www.riministreet.com/solutions/support-services/database-management/?utm_source=pressrelease&utm_campaign=OpenSourceDB

リミニストリートについて
リミニストリート社(Rimini Street, Inc. (Nasdaq: RMNI))は、Russell 2000(R)企業であり、エンタープライズソフトウェア製品およびサービスのグローバル・プロバイダーであり、OracleおよびSAPソフトウェア製品の主要なサードパーティ・サポート・プロバイダーであり、Salesforceのパートナーでもあります。当社は、高品質で応答性の高い、統合されたアプリケーションマネジメントおよびサポートサービスを提供することで、エンタープライズソフトウェアのライセンシーが大幅なコスト削減、技術革新のためのリソースの解放、より良いビジネス成果の達成を可能にします。これまでに、Fortune 500、Fortune Global 100、中堅企業、公共部門など、幅広い業界の4,200以上の組織が、信頼できるアプリケーション・エンタープライズ・ソフトウェア製品およびサービスのプロバイダーとしてリミニストリートを利用しています。詳細については、 http://www.riministreet.com、Twitterでは@riministreetをフォローし、FacebookやLinkedInではリミニストリートをご覧ください。

将来見通しに関する記述
本プレスリリースには、過去に関する事実ではなく、1995年米国民事証券訴訟改革法のセーフハーバー規定に定義する将来見通しに関する記述が含まれています。通常、将来見通しに関する記述には、「かもしれない」、「はずだ」、「だろう」、「計画する」、「意図する」、「予知する」、「考える」、「推定する」、「予測する」、「可能性」、「思われる」、「求める」、「継続する」、「将来」、「~する」、「期待する」、「見通し」などの単語や、その他類似した語句や表現が使用されます。これらの将来見通しに関する記述には、将来の出来事、将来の機会、グローバルな展開やその他の成長のための取り組みに対する当社の期待や、そうした取り組みに対する当社の投資に関する記述が含まれますが、これらに限定されるものではありません。これらの記述は、様々な仮定および経営陣の現在の期待に基づくものであり、実際の業績の予測ではなく、また歴史的事実の記述でもありません。これらの記述は、リミニストリートのビジネスに関連する多くのリスクおよび不確実性に左右されるものであり、実際の結果は大きく異なる可能性があります。 これらのリスクおよび不確実性としては、次のもの(但しこれらには限定されない)が挙げられます。当社の信用枠の継続的な債務返済義務、財務制限条項および業務制限条項が当社の事業に与える影響および関連する金利リスク、COVID-19のパンデミックとそれに関連する経済的影響が当社の事業に与える業務的、財務的影響、COVID-19のパンデミックに対応する政府当局、顧客または他者の対策。当社の事業または当社の現在および将来の顧客の事業を混乱させる破局的な出来事。インフレや金利を含むリミニストリートが事業を展開するビジネス環境の変化。リミニストリートが活動するビジネス環境における変化(リミニストリートが活動する業界に影響を与えるインフレや金利、一般的な財務、経済、規制、および政治的な状況などを含む)。既存訴訟、政府当局による調査、または新規訴訟における不利な展開。好条件で追加のエクイティ又はデットファイナンスによる資金調達の必要性および可能性と当社が成長するための取り組みとして、投資の増加に資金を提供するために、事業からキャッシュフローを生み出す能力。当社の新規信用枠を含む流動性の基準を満たす現金および現金同等物の充足性。財務報告に係る内部統制の有効なシステム維持する能力、およびワラントの会計処理に関連するものを含む内部統制の重要な弱点を修正する能力。税金、法律、および規制の改正。競合製品と価格設定。増益管理の困難性。近い将来に展開することが期待されている製品およびサービスに追加して、直近に発表した製品およびサービス(Application Management Services(AMS)、Rimini Street Advanced Database SecurityおよびSalesforce Sales Cloud並びにService Cloud製品に関するサービス等を含む)の顧客の採用。リミニストリートの経営陣の終任。リミニストリートの株式の長期的な価値の不確実性。リミニストリートが2021年8月4日に証券取引委員会に提出したリミニストリートのForm 10-Qによる四半期報告書の「Risk Factors」に記載しているリスク事項、リミニストリートの将来におけるForm 10-Kによる年次報告書、Form 10-Qによる四半期報告書、Form 8-Kによる現在の報告書および適宜それら事項についてリミニストリートが米国証券取引委員会に提出するその他の報告書によって更新される事項。さらに、将来見通しに関する記述は、本プレスリリースの発表時点でのリミニストリートの将来の事象に関する期待、計画または予測、および考えが示されています。リミニストリートは、後発事象や今後の進展がリミニストリートの評価を変える原因になると予想しています。ただし、リミニストリートは、これらの将来見通しに関する記述を将来のある時点で更新することを選択する可能性がある一方で、法律で要求されていない限り、そのような義務を明示的に否認いたします。これらの将来見通しに関する記述は、本プレスリリース発表日後の時点におけるリミニストリートの評価を表すものとして依拠されるべきではありません。

                         # # #
(C) 2021 Rimini Street, Inc. 無断転載を禁じます。”Rimini Street “は、米国およびその他の国におけるRimini Street, Inc.の登録商標であり、Rimini Street、Rimini Streetのロゴ、およびそれらの組み合わせ、ならびにTMで表示されたその他のマークは、Rimini Street, Inc.の商標です。他のすべての商標は、それぞれの所有者の財産であり、特に明記されていない限り、リミニストリートは、そのような商標権者やここで言及されている他の企業との提携、保証、関連性を主張するものではありません。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング