Tech in Asia Singapore ブロックチェーンの未来を語る、Blockchain Stageを初開設

PR TIMES / 2018年4月24日 11時1分

Unlock the potential of blockchain

カンファレンスURL:https://www.techinasia.com/events/singapore/

アジアのスタートアップエコシステムの発展を目指す Tech in Asia (本社:シンガポール 代表:Willis Wee 以下Tech in Asia)は2018年5月15日・16日に開催する東南アジア最大級のスタートアップカンファレンス・Tech In Asia Singapore へブロックチェーンステージを初開設します。Blockchainはここ数十年で最も影響力のある技術であり、多くのビジネスに変革をもたらし、世界の経済を再定義するとも言われています。同テクノロジーは、ヘルスケア、エネルギー、さらには不動産、金融サービスなど、数多くの業種を破壊する可能性があります。そこで、今回はブロックチェーンを活用したビジネスに必要なスキル、考えを学ぶためのセッションを準備しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/14933/63/resize/d14933-63-126772-0.jpg ]


【Tech in Asia Singapore について】
総勢5,000人以上のVC、大手企業、スタートアップが参加予定のアジア最大級のテックカンファレンスです。昨年はシンガポールや東南アジアだけでなく、イスラエル、インド、韓国、中国などアジア諸国全域、アメリカ、ヨーロッパから来場しました。
(Tech in Asia Singapore 2017参考記事:https://www.techinasia.com/tech-asia-singapore-2017-numbers-infographic

【Blockchain Stage について】
7つのセッションを通して、ブロックチェーンおよびと暗号化技術をこれから学ぶ方はもちろん、ブロックチェーンの専門家の方も、この同技術の進捗を把握することが可能な内容となっています。

■セッション1)ブロックチェーン101
スピーカー:Aziz Zainuddin Founder and Chief Crypto Officer, Master the Crypto
ICO(イニシャル・コイン・オファリング)及びブロックチェーンソリューションについての最新動向、同技術がどのように機能するかの基礎を学び、ブロックチェーンを取り巻く状況をを理解していきます。

トピック:ブロックチェーンの基本 / 暗号化性 / ICOで目にするもの / スマートコントラクト・トークン販売を通じてクラウドファンディングを実現する方法

■セッション2)チェックリスト:企業向けブロックチェーン開発の準備方法
スピーカー:Toby Hoenisch Co-founder & CEO, TenX
数兆ドルの産業を混乱させる可能性がブロックチェーン技術を、企業はどのような変化に対する準備をしなければいけないか、システムとプロセスの現状維持か、技術に適応するの選択について理解していきます。

トピック:ブロックチェーンソリューションを採用するためにチームを構築または再構築する方法 / ブロックチェーンを活用するためにビジネスモデルを再考する理由と方法 / ICO開催の技術的課題

■セッション3) ブロックチェーンはデータ管理をどう改革し、ビジネスにどのような影響を与えるか
スピーカー:Pavel Bains CEO, Bluzelle
ブロックチェーン技術は、情報の管理方法を根本的に変える可能性を秘めています。
ブロックチェーンテクノロジーを通して企業のデータ管理方法がどう変わるか、またその影響について理解を深めていきます。

トピック:ブロックチェーンを使ってデータを再定義する方法 / 与える影響及びビジネスでのブロックチェーン技術の採用方法

4)ブロックチェーン空間における問題点:スケーラビリティと安全なスマートコントラクト
スピーカー:Amrit Kumar Head of Research, Zilliqa Research
ブロックチェーンは強靭な技術である一方で、の大きな問題はネットワークが処理できる最大トランザクション数に制限があるため、拡張できないことです。DAOのハッキングのような事件をどう防ぐか、利用可能な解決策、既存のソリューションとその限界、スマートコントラクトとインシデントなどについての洞察を共有します。

トピック:同テクノロジーの世界的な普及からどのくらい離れているか / ブロックチェーンを含むサービスが主流になるタイミング / 今後の課題、自社ビジネスへの導入方法

5)分散型世界の政府規制によるインパクト
スピーカー:Anson Zeall Chairman, Association of Cryptocurrency Enterprises and Startups
Benjamin Soh Executive Director, Gibraltar Stock Exchange
Chia-Ling Koh Director, OC Queen Street LLC
各国政府はブロックチェーンに対して様々なの反応を示しています。中国はビットコインを禁止している一方で、香港、韓国、シンガポールは寛容であることが知られています。スタンスの違いはアジアのブロックチェーンエコシステムにとってどのような意味を持つでしょうか、そして、私たちはどのような準備ができるのでしょうか?

トピック:地方分権化された世界に必要な政策と規制 / 政府が正当にcryptocurrenciesを禁止することができるかどうか / アジア各地のブロックチェーン

6) アジアのブロックチェーン関連投資トレンド
スピーカー:Jeff Xie Senior Market Analyst, Blockchain and Security Research, IDC Asia/Pacific
Piyush Kharbanda Executive Director, Vertex Ventures
William Bao Bean General Partner SOSV, Chinaccelerator, MOX, SOSV
シンガポール通貨当局は2017年後半には、10のブロックチェーンプロジェクトを開始しました。韓国のネイバー社は、暗号化技術企業であるLedgerへ480万ドル以上を投資しています。過去と現在、そして未来の投資動向の様子を共有します。

トピック:アジアにおけるブロックチェーン投資の過去、現在、未来 / より多くのVCがこのトレンドに加わるかどうか

7)次の一手:ライフアフター ICO
スピーカー:Shaun Djie Cofounder and COO, DigixGlobal
Tiago Costa Alves VP, APAC, Aptoide/ AppCoins
ICOはスタートアップの資金調達を加速させています。Filecoin社は、2017年9月のトークン・オファリングで2億5,700万ドル以上を調達、これまででに最大のICO資金調達となっています。企業がICO後に備えて、取るべきステップ、ICO後にどのように責任を負わなければならないかなどを学びます。

トピック:ICOの課題 / ICO後の生活の準備に必要な手順 / ステークホルダーとの期待にどう対応するか / トークン管理のベストプラクティス

上記内容は同記事より抜粋:
https://www.techinasia.com/unlock-potential-blockchain-tia-singapore-2018

【Tech in Asiaについて】
Tech in Asiaは、アジアのTech & Startupエコシステムの醸成を担う、オンライン+オフラインプラトフォームです。シンガポール本社をはじめ、アジアの12都市に150名以上のスタッフが常駐し、主に以下のような事業を行っております。
・アジア最大のスタートアップメディア "techinasia.com"の運営
・アジア3ヶ国での大規模カンファレンス運営 (シンガポール、インドネシア、日本)
・テック/ビジネス感度の強い読者を繋げる人材プラットフォーム
URL: https://jp.techinasia.com/

【お問い合わせ】
ご質問がある方はお気軽に下記のアドレスまでご連絡ください。
Tech in Asia Japan 広報担当
Email : japan@techinasia.com
[画像2: https://prtimes.jp/i/14933/63/resize/d14933-63-568927-1.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング