アイロボットCEOの半生を綴った世界初の単行本 世界一のロボット掃除機*「ルンバ」を作った男コリン・アングル「共創力」発売へ

PR TIMES / 2020年10月20日 15時45分

 アイロボットジャパン合同会社(本社:東京都千代田区/代表執行役員社長 挽野元)は、アイロボット・コーポレーションのCEO兼会長コリン・アングルの半生と未来へのビジョンが綴られた世界初の単行本『「ルンバ」を作った男 コリン・アングル「共創力」』が10月29日に出版されることをお知らせいたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/25142/63/resize/d25142-63-175905-0.jpg ]



【書籍情報】
「ルンバ」を作った男 コリン・アングル「共創力」
著 :大谷和利
発売日 :2020年10月29日(木)
定価 :本体1,600円+税
出版社 :小学館
https://www.shogakukan.co.jp/books/09388790


■コリン・アングルの素顔に迫る世界初の単行本
 会社創立から30年。2002年に発売された「ルンバ」でロボット掃除機のリーディングカンパニーとなったアイロボット・コーポレーションを牽引し続けてきたCEO、コリン・アングル。「人の役に立つロボットを作りたい」という子どもの頃からの夢を持ち続け、大学時代に3人で起業、数多くの挫折と失敗を繰り返しながらも、成功に導いたアングルの素顔に迫り、その半生と未来へのビジョンを綴る、世界初の単行本が発売になります。オープンマインドで全社的な共感を得ながらビジョンを示し、「共通善」の実現のために社員と共に歩む。バランス感覚に富んだその経営スタイルは、どのようにして育まれたのか、豊富なエピソードをもとに解明していきます。

【コリン・アングル プロフィール】
 アイロボット・コーポレーション共同創業者、会長兼CEO。マサチューセッツ工科大学(MIT)で電気工学とコンピューター科学の学位を取得後、1990年にアイロボット社を設立。2002年に世界で初めて商業的成功を収めた実用的なロボット掃除機「ルンバ」を発売した。2011年の福島第一原子力発電所事故の際に災害復旧用のロボットを提供するなど、社会的な貢献も積極的に行う。

アイロボット・コーポレーションについて
 今年創設30周年を迎えるアイロボットは、世界有数の家庭用ロボットカンパニーであり、家庭内外でより多くの仕事ができるよう人を支援するロボットの設計と製造を行っています。2002年にロボット掃除機ルンバ(Roomba(R) Vacuuming Robot)を発売し、ロボット掃除機市場を創出して以来、全世界で3,000万台以上のロボットの販売実績を誇ります。ロボット掃除機ルンバと床拭きロボットブラーバのシリーズをはじめ、清掃・床拭き・ナビゲーションにおける特許技術と先進的なコンセプトを有し、スマートホーム実現のため、ロボットのエコシステムの構築に取り組んでいます。
iRobot、iRobot ロゴ、アイロボット、Roomba、ルンバ、Braava jet、ブラーバ ジェット、Imprint、Clean Base、クリーンベースは、アイロボットの登録商標または商標です。

*(株)富士経済「グローバル家電市場総調査2020」ロボット掃除機世界生産台数2019年実績

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング