1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

Shopifyアプリストアに続々と日本の開発者が日本初のアプリを公開

PR TIMES / 2021年2月3日 15時45分

~ネットショップの売り上げ増加、運営の効率化を手助けするアプリが多数リリース~



[画像: https://prtimes.jp/i/34630/63/resize/d34630-63-935111-0.png ]

175ヵ国で100万以上のショップが日々運営されている世界最大級のマルチチャネルコマースプラットフォームShopify(ショッピファイ)の日本法人Shopify Japan 株式会社 (本社:東京都渋谷区、地域統括マネージングディレクター:ショーン・ブロートン 以下:Shopify) は、国内のShopifyパートナーエコシステム強化の一環として、日本の開発者が提供するアプリ数を増やし国内販売、越境販売を行う事業者の支援を行っています。そこで今回、日本の開発者による日本初となるアプリが続々とリリースされました。

世界中のアプリ開発者は、現時点でShopifyアプリストアに5,300以上のアプリを提供しており、配送オペレーションを効率化するもの、SNS販売強化するもの、顧客管理(CRM)に特化したものなど様々なアプリが提供されています。そんな中で、Shopifyは日本独自のアプリを日本の開発パートナーが開発しやすくなるように、日本語コンテンツの拡充や教育プログラムの実施をしてきました。その結果、日本のパートナーがリリースしたアプリは昨年から大幅に増え、Shopify事業者(マーチャント)がより簡単に彼らのニーズを満たすストアを公開できることに貢献しつつあります。

今回発表する5つのアプリは、グローバルでもニーズのある機能やサービスを日本の事業者(マーチャント)に最適化された形で届けるものとなりました。

■Shopifyアプリストア( https://apps.shopify.com/?locale=ja)に最近リリースされた日本の開発者のアプリ

[表: https://prtimes.jp/data/corp/34630/table/63_1.jpg ]



Shopifyは、今後も多くのアプリ開発パートナー企業と連携し、日本のShopify事業者(マーチャント)のビジネスの成長に繋がる機能を追加していく予定です。

■Shopifyパートナーエコシステム
開発者、デザイナー 、マーケター、フリーランス、コンサルタントなどのあらゆるデジタル領域のプロフェッショナルが参加し、それぞれがストア構築、アプリ開発、テーマデザイン、アフィリエイトなどの領域でShopifyの成長に寄与しています。彼らはShopifyエコシステムの構築に貢献することで収益を獲得することができます。
※パートナープログラムの登録はこちら( http://bit.ly/3raHXbq)から

■Shopify Japan 株式会社について
Shopifyは、国内外問わずにオンライン販売を手軽に始められる、クラウド基盤のマルチチャネルコマースプラットフォームです。ウェブ、モバイル、ソーシャルメディア、マーケットプレイス、実店舗などの複数の販売チャネルを持つネットショップの作成、カスタマイズ、在庫連携、売上管理、マーケティングを簡単に行うことができます。プラットフォームには、ショップの経営者にとって強力なバックオフィス機能も備えられており、オンライン販売に必要なものすべてはShopifyで一元管理ができる、という手軽さが大きな特徴です。
カナダのオタワに本社を置くShopifyは、現在まで約175か国で100万以上の企業をサポートしており、Allbirds (オールバーズ)、Gymshark (ジムシャーク)、Heinz (ハインツ)、Staples (ステープルズ)、などの大手有名企業から世界的な著名人まで国内外において、多くのブランドより信頼されています。(参照URL: https://www.shopify.jp/)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング