暗号資産取引所のHuobi(フォビ):HT(フォビトークン)について学べるカリキュラムをPoL(ポル)で公開

PR TIMES / 2020年9月28日 15時15分

HT(フォビトークン)は、世界トップレベルの暗号資産取引所 Huobi Global によって発行された Ethereumブロックチェーン上の分散型デジタル資産です。HTについて学ぶことができるカリキュラムがPoL(ポル)サイトにて公開されました。PoL(ポル)は、暗号資産・ブロックチェーンのオンライン学習サービスです。豊富で充実したコンテンツと圧倒的な網羅率を誇る用語辞典を無料で学習することができます。



いつもフォビジャパンをご利用いただきありがとうございます。

[画像: https://prtimes.jp/i/37450/64/resize/d37450-64-672113-0.png ]


カリキュラムはこちら:


https://pol.techtec.world/blockchain-usecase/exchange-token


カリキュラムの内容
本カリキュラムは、以下のレッスン内容により構成されます。

【レッスン1】取引所トークンとは


取引所トークンとは
Huobiグループとは
HT(フォビトークン)とは


【レッスン2】国外におけるHT(フォビトークン)の利用用途


暗号資産取引所での利用用途
他のビジネスでの利用用途
世界におけるHT(フォビトークン)の利用状況


【レッスン3】HT(フォビトークン)の日本での動向と展望


フォビジャパンについて
HT(フォビトークン)を国内に展開する目的
HT(フォビトークン)の国内での利用用途

フォビジャパン担当者のコメント
HT(フォビトークン)は、世界トップレベルの暗号資産取引所 Huobi Global によって発行された Ethereumブロックチェーン上の分散型デジタル資産です。2018年に発行以来、世界各地でHT(フォビトークン)のエコシステムを展開しています。フォビジャパンでは、今年6月にHT(フォビトークン)の取扱いを開始しました。
今回、PoLという暗号資産 / ブロックチェーンについて学べるオンライン学習サイトで、取引所トークンに関するカリキュラムを共同製作させていただきます。
PoLとの連携を通して、取引所トークンに関する知識、実用性などを学ぶ機会を提供していきたいと思います。
「PoL (ポル)」運営会社techtec担当者のコメント
暗号資産のエコシステムにおいて、取引所は重要な役割を担います。法定通貨と暗号資産の交換だけでなく、顧客の資産を安全に管理するカストディ業務や昨今注目を集めるステーキングなどにも事業を展開しています。その中で、海外では主流になりつつあるガバナンストークンの取り組みなども検討中のフォビジャパンさんと共にPoLでカリキュラムを制作することは、日本のエコシステムにとって非常に有益なことだと感じています。
今後ともフォビジャパンをよろしくお願いいたします。
【暗号資産ご利用の際の注意】


暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。
暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。
暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。
暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。

【リスク警告】


https://www.huobi.co.jp/about/risk/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング