1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【ドクター・ショール】 足裏の硬い角質を、数分でスルっと除去「ハードスキンリムーバー」2013年3月1日(金)新発売

PR TIMES / 2013年2月28日 17時12分

ドクター・ショールより、予想外の感動を体験する角質ケア商品が登場!
足裏の硬い角質を、数分でスルっと除去「ハードスキンリムーバー」
2013年3月1日(金)新発売
http://drscholls.jp/



 レキットベンキーザー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区芝浦/代表取締役:ステファン・ガー)は、
世界100カ国以上で愛されるフット&レッグケア商品の総合ブランド『ドクター・ショール』より、足用の新しい
角質ケア商品「ハードスキンリムーバー」を、2013年3月1日(金)より発売いたします。


 足の角質を健康に美しく保つためには、「角質除去」と「保湿」が必要です。また、足の角質の厚さは、体の他の
部位の約20倍あり、かかとに至っては土踏まずの約4倍と非常に分厚いため、ケアを行う際には足用に開発されたスキンケアを使用することが重要になります。
 しかし、現代女性の93.1%もの人が、角質ケアの重要性を感じているものの、既存の角質ケア商品に対しては
91.8%の人が「時間がかかる」、「きれいに取れない」といった理由から不満を感じていることがわかりました。
(2012年、n=600、ドクター・ショール調べ)

 「ハードスキンリムーバー」は、足の分厚い角質を手軽に短時間で取り除くために開発されました。取り除きたい
角質部分に本液を塗ると、角質軟化成分が浸透し、余分な角質を柔らくします。数分(3、4分)後には、付属のヘラで
簡単に柔らかくなった角質をはがし取ることが可能です。はがし取った後は、必ず液を洗い流してください。
 ドクター・ショールの「足には足のスキンケア」という発想から生まれた新商品「ハードスキンリムーバー」で、
“予想外の感動”をご体験ください。


------------------------------------------------------
-新商品- ハードスキンリムーバー
------------------------------------------------------
【商品概要】

■発売日: 2013年3月1日
■価格 : オープン価格
■容量 : 50ml ※専用ヘラ付き

硬い角質を数分で取り除く、ドクター・ショールの新簡単角質ケア

・角質軟化成分が浸透し足裏の硬い角質をやわらかくします。
・塗って数分待つだけ。ヘラでスルッと簡単に取れます。

使用方法

1. 市販のコットンに本製品をつける
2. コットンを足裏の硬くなった部分に置き、数分待つ。
 ※5分以上は肌に放置しないでください。
3. 専用のヘラでやわらかくなった角質をやさしく取り、
必ず洗い流して下さい。
又、手についた場合はすぐに洗い流してください。

◆使い方説明動画もご用意しております。
 http://drscholls.jp/hsr/
 ※使い方動画は、発売日以降の掲載となります。


------------------------------------------------------
【調査データ】
------------------------------------------------------
■ 93.1%もの人が、角質ケアの重要性を感じている!
「角質ケアへの重要度と実施状況」に関してアンケートを
行ったところ、重要だと思うのでよくしているという人、
重要だと思うのでたまにしている人、重要だと思うが
したことがない人を合わせて、93.1%もの人が
角質ケアの重要性を認識していることがわかりました。

■ 角質ケア製品への不満1位は「時間がかかる」
現状の角質ケア製品に関しては、73.9%の人が
「時間がかかる」、42.3%の人が「きれいに取れない」、
39.5%の人が「やり方が面倒」など、
不満を抱いていることがわかりました。

(※2012年レキットベンキーザー・ジャパン調べ、n=600)


------------------------------------------------------
【参考資料】
------------------------------------------------------
■足の皮膚構造を理解して、足には足のスキンケアを!

足の皮膚は、他の体の部位とは違います。ドクター・ショールは、「足には足のスキンケア」を提唱してまいります。

足の角質は他の部分の約20倍の分厚さ!  
足のかかとは日々の歩行で常に衝撃を受けるため、
体を守るために硬く層を重ねています。
余分な角質は肌の硬化やひび割れを引き起こしかね
ません。そのため、分厚くなった余分な角質は除去する
必要があります。

※参考文献
[1]Karen A Holbrook & George F Odland,(1974)THE JOURNAL OF
INVESTIGATIVE DERMATOLOGY,62:415-412, United States
[2]Moran & Rowley, (1986)Visual Histology, United States

足裏は皮脂の分泌がほとんど無い!  
大量の汗をかく足裏。汗腺はありますが、皮脂腺はなく、
皮脂の分泌がありません。そのため乾燥し、かさつきやすく
なります。かさついた部分からは水分が蒸発しやすく
なるため、保湿が必要です。
また、分厚くなった角質層は、保湿成分の浸透を防いで
しまうため、保湿をする前には必ず余分な角質を除去する
ことを心がけましょう。


■「角質除去」と「保湿」で正しい角質ケア
足裏の角質ケアで重要なのは、余分な角質を取り除くことと、取り除いた後の皮膚を保湿することです。
また、角質は皮膚の保護の役割をするため、除去のしすぎには注意しましょう。

1.角質を適切に取り除く
「ハードスキンリムーバー」の他に、スクラブやファイルなど、様々な種類があります。
角質のたまり具合や、お肌の状態に合った商品を使用することで、適切なケアが可能になります。
ケアの際には、使用頻度を守り、削りすぎを防ぐことで、常にキレイなお肌を保つことが出来ます。

2.仕上げは保湿で角質化予防
角質を削った後の皮膚は、表面がデリケートになっており、乾燥しやすい状態になるため、
足用の保湿クリームでしっかり潤いを与え、保護しましょう。


------------------------------------------------------
【ドクター・ショールの角質ケア商品】
------------------------------------------------------
<角質除去>
「ラフ・スキン・リムーバー」
価格:787円
足裏のザラつき(角質)を除去する   スクラブです。角質が硬化している
部分にすりこみ、クリームがポロポロに なったら、よく洗い流してください。

「分厚い角質リムーバー」
価格:1,470円
ぶ厚い角質を削り取る、角質リムーバー。皮膚を洗いふやかした後に、
刃を角質部分にあて、一定方向に動かしてください。

「ツインヘッド かかとファイル」
価格:819円
カサカサに荒れたかかとを滑らかに 整える粗い面と細かい面を持つ
ファイルです。 皮膚をきれいに洗い よく乾燥させた後、ご使用ください。

「ツインヘッド たこ取りファイル」
価格:756円
目の粗い面と細かい面の両面構造になっていますので、
たこの固さに応じて使い分けができます。

<保湿>
「ディープ・モイスチャライジング・ クリーム」
価格:882円
角質の中まですばやく浸透するスキンケア保湿クリーム。
かかとの乾燥部分や角質の硬化が進んでいる部分にお使いください。

「かかと集中保湿ソックス」
価格:1,470円
寝ている間にはくだけで、ミネラルオイルがかかとの角質層に浸透する保湿ソックス。
翌朝には潤いのあるスベスベ肌へ導きます。


================================================
『ドクター・ショール』は、「2013 ミス・ユニバース・ジャパン」の
オフィシャルパートナーに就任しました。
================================================
フット&レッグケアの総合ブランドとして、“美足/美脚は自分の努力で作り上げることができる!”という、

自信につながる感動体験を提供し、強力にサポートしてまいります。

 ◆ファイナリスト向けの、スペシャルビューティーレッスンのレポートを、公式サイトで公開しています。
  http://drscholls.jp/muj2013


============================
お客様からのお問い合わせ先
============================
ドクター・ショール フットケア相談室
TEL:03-5718-3215
URL:http://www.drscholls.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください