アデコ、金融情報配信企業のフィスコと提携し、募集活動を強化

PR TIMES / 2013年8月10日 11時27分

フィスコの「企業調査レポート」を活用し、求人情報の質を向上

[2013年8月9日 東京]
世界最大の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:奥村真介、以下「アデコ」)は、この度、金融情報配信企業の株式会社フィスコ(以下「フィスコ」)と提携し、求人情報の質の向上を図ることで、人財紹介サービスにおける募集活動を強化します。

アデコは今回の提携で、フィスコが個人・機関投資家に提供する「企業調査レポート」をアデコのホームページ上の求人情報に追記することが可能になります。それにより、求人情報の内容を充実させることで人財紹介事業の強化を行い、総合人事・人財サービス企業としての更なる成長を目指します。フィスコは、優れた分析力・編集力をベースとする高品質な「企業調査レポート」の提供先を個人・機関投資家のみならず、一般の個人にも拡張することで、更なる認知度と企業価値の向上を目的としています。

求職者の中には就職・転職活動を行う際、知名度やイメージにより企業を選択することでミスマッチが発生することも少なくありません。また、求人情報には求められる人財の職務の詳細や必要とされるスキルや経験の他、基本的な企業情報の掲載を行うことが一般的です。そのような中、アデコが開示する求人情報にフィスコの「企業調査レポート」の事業概要、業績の動向、成長戦略などの情報を追加することで、応募前の企業研究や企業価値の理解に役立つだけでなく、企業情報の収集不足によるミスマッチを軽減することが可能になります。

フィスコでは現在120社分の上場企業の「企業調査レポート」を公開しており、2014年末までには未上場企業を含む1000社分の公開を目標としています。企業調査レポートの対象となる企業は、主に成長が著しい新興企業や中堅の優良企業が中心のため、それらの企業では積極的に人財の募集を行う傾向が見られます。そのため、今回の取り組みにより、アデコおよびフィスコ両社の強みを互いに高める関係が成り立つと見込んでいます。

今後両社は、人財サービスと金融情報配信サービスの異業種が相互に協力することで生まれる相乗効果を、新たな雇用の創出の機会として求職者に提供することで、より多くの就業が実現できるよう尽力してまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング