グルーヴス、ひょうご観光活性化ファンドより資金調達

PR TIMES / 2020年3月30日 9時35分

兵庫県企業の採用支援・地域創生に貢献

 「働くヒトの未来を創るワークシフトインフラの構築」をビジョンに掲げる株式会社grooves(グルーヴス 本社:東京都港区 代表取締役:池見 幸浩)は、2020年2月、みなと銀行グループであるみなとキャピタル株式会社(みなとキャピタル 本社:兵庫県神戸市 代表取締役社長:山下 勝司)が運営する「ひょうご観光活性化ファンド投資事業有限責任組合」から資金調達を行いましたのでお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/5321/65/resize/d5321-65-790428-0.png ]




背景と目的


 グルーヴスは、これまでに地域金融機関を含む26団体と地域創生ネットワークを構築し、国内最大級のリクルーティングプラットフォーム「クラウドエージェント( https://www.crowd-agent.com/company/ )」を中心とする独自サービスを用いた地域への人材還流を通じて、地域経済の持続可能な成長に取り組んでまいりました。また、アドベンチャーツーリズムによる新たな雇用創出に向けた実証実験など、地域活性化につながる事業にも取り組んでいます。

 この度の、みなとキャピタルを無限責任組合員とする「ひょうご観光活性化ファンド」からの資金調達を受け、兵庫県への首都圏人材還流ならびにインバウンド促進による国内観光施設の課題解決・魅力向上へと貢献してまいります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/5321/65/resize/d5321-65-708315-1.png ]




ひょうご観光活性化ファンドについて

ひょうご観光活性化ファンドは、観光分野に関わる事業者の方々の多様な資金調達ニーズに対応するために設立されたファンドです。観光ビジネスは、政府の成長戦略の柱となり、インバウンドを中心とした観光客が急増しています。本ファンドでは、みなと銀行、みなとキャピタル、兵庫信用金庫及び日新信用金庫が宿泊事業者、交通事業者、物販事業者、地域産品製造者を投資対象として、宿泊施設・滞在施設の整備や交通インフラの整備、地域産品売場の新設や翻訳ITシステムの整備など、地域活性化につながる分野を対象にビジネス展開をしています。

<出資者からのメッセージ>
みなとキャピタル株式会社 代表取締役社長 山下 勝司氏

株式会社groovesは人材紹介のプラットフォーム運営をベースに、観光・宿泊施設への人材採用支援強化やアドベンチャーツーリズムによる新たな雇用創出などを通じ、豊富な観光資源に恵まれた兵庫県の地域経済活性化に寄与するものと大いに期待しています。


株式会社grooves

設立 :2004年3月
代表者 :代表取締役 池見 幸浩
所在地 :東京都港区南青山五丁目4番27号 Barbizon104 7F
事業内容 :
・導入実績No.1人材紹介クラウドサービス 「Crowd Agent(クラウドエージェント)」
  https://www.crowd-agent.com/company/
・ITエンジニアに特化したキャリア支援サービス 「 Forkwell(フォークウェル)」
  https://forkwell.com/
地域創生ネットワーク :全国18道府県・27団体


株主

経営陣
いよぎんキャピタル株式会社 (伊予銀行グループ)
いわぎん事業創造キャピタル株式会社 (岩手銀行グループ)
株式会社インスパイアPNBパートナーズ(マレーシア最大の政府系金融機関PNB関連ファンド)
大分ベンチャーキャピタル株式会社 (大分銀行グループ)
株式会社OKBキャピタル (大垣共立銀行グループ)
ごうぎんキャピタル株式会社 (山陰合同銀行グループ)
株式会社サイバーエージェント・キャピタル (サイバーエージェントグループ)
三生キャピタル株式会社 (三井生命グループ 現大樹生命)
静岡キャピタル株式会社 (静岡銀行グループ)
株式会社新生銀行
株式会社JTB
地域創生ソリューション株式会社(三菱UFJ銀行、三菱地所、日本航空等関連ファンド)
ちばぎんキャピタル株式会社 (千葉銀行グループ)
新潟ベンチャーキャピタル株式会社
日本ベンチャーキャピタル株式会社
株式会社ヒトトキインキュベーター (JTグループ)
株式会社ヒトメディア
株式会社広島ベンチャーキャピタル
株式会社ベンチャーラボインベストメント (南都銀行関連ファンド)
株式会社北洋キャピタル (北洋銀行グループ)
三井住友海上キャピタル株式会社 (三井住友海上グループ)
みなとキャピタル株式会社(みなと銀行グループ)
ほか個人株主等
(五十音順)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング