1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

地域の情報サイト「ジモティー」が第4回エコプロアワード「環境大臣賞」を受賞

PR TIMES / 2021年9月8日 18時15分

地域内の資源循環の促進に貢献、「サーキュラーエコノミー」を体現するサービスとして評価

地域の情報サイト「ジモティー」(以下、「ジモティー」)を運営する株式会社ジモティー (本社:東京都品川区 代表取締役社長:加藤 貴博 以下、当社)は、「第4回エコプロアワード(主催:一般社団法人サステナブル経営推進機構、後援:財務省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省 以下、エコプロアワード)」において、最高位賞の一つである「環境大臣賞」を受賞しました。



[画像: https://prtimes.jp/i/6029/65/resize/d6029-65-a75e74c07767948dcf80-0.png ]


■エコプロアワードについて
エコプロアワードは、経済のグローバル化やパリ協定の発効、SDGsの制定など社会経済を取り巻く状況の変化を視野に入れ、日本市場において事業者、消費者、投資家、市場関係者に評価が高く、具体的に優れた環境配慮が組み込まれた製品やサービス、技術、ソリューションビジネスモデルなどを表彰することにより、これらのさらなる開発・普及の促進を図り、持続可能な社会づくりに寄与することを目的に設立された表彰制度です。

■受賞の背景
当社は「地域の今を可視化して、人と人の未来をつなぐ」を経営理念に、地域情報サイトジモティーを運営しております。現在、月間1000万人以上の方にご利用いただいており、ここ数年で注目を集めているリユース分野においても、大型の家具や家電を中心に、必要なモノを必要な人へ届ける場を提供しています。

今回の受賞は、従来であれば引き取り手が付きづらく廃棄される可能性の高い物品について、地域内で譲り合うことが可能となり資源循環を促進しているという点で、未利用資源の活用というサーキュラーエコノミーを体現するサービスとして社会貢献の要素が強くありながら、事業として成長させている点を評価いただきました。また、現在28箇所の自治体と提携しているリユースの取組に関しても、自治体の管理する粗大ごみのリユース促進や啓発活動におけるリユース意識の向上を行う等、自治体によるリユース活動の促進に大きく貢献している点も今回の受賞につながりました。

今後も地域内での資源循環を促進し、地元で個人・企業・行政が必要なものを互いに融通しあえる持続可能な社会の実現を目指しサービス運営に尽力してまいります。地域内での資源循環の促進やごみの削減を検討されている、全国の地方自治体や企業からのお問い合わせをお待ちしております。

■「ジモティー」について
「ジモティー」は、地域に根付いたあらゆる情報を都道府県別や市区町村別ごとに一覧化した情報サイトです。「ジモティー」では「売ります・あげます情報」「不動産情報」「求人情報」等のカテゴリー別に、利用者の目的に応じて分類された情報が掲載され、利用者は無料で情報交換をすることが可能です。大型の家具や家電など郵送するのに手間や費用がかかるモノの譲り合いや、地元の企業が近隣の方にサービス内容を告知するツールとして誰でも簡単に利用できることから、地域の情報インフラとして月間で約1,000万人以上の方に利用されています。
URL: https://jmty.jp/

<本件に関して連携を希望される地方自治体・企業の皆様からのお問い合わせ先>
株式会社ジモティー 経営企画 宮本
MAIL:business@jmty.jp

<本件に関する報道関係の皆様からのお問い合わせ先>
株式会社ジモティー 経営企画 宮本
MAIL:press@jmty.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング