Apple が Academy Software Foundation のプレミア メンバーに

PR TIMES / 2019年9月17日 15時40分

映画およびメディア産業におけるオープンソース ソフトウェア開発を推進する Linux Foundation 傘下の共同開発プロジェクト Academy Software Foundation は 9月13日 (現地時間)、Apple がプレミア メンバーとして加盟したことを発表しました。

2019年9月13日 カリフォルニア州ロサンゼルス発 – 映画およびメディア産業におけるオープンソース ソフトウェア開発を推進する共同開発プロジェクト Academy Software Foundation (ASWF http://www.aswf.io/ ) は、Apple がプレミア メンバーとして加盟したことを発表しました。

Academy Software Foundation のエグゼクティブ ディレクターである David Morin は、次のように述べています。
「世界中の映画製作者は Apple 製品を使用しています。Appleを新しいメンバーとして迎える入れることを大変嬉しく思います。Apple ソフトウェア プラットフォームで私たちのオープンソース プロジェクトを確実に利用できるよう協力して取り組むことを楽しみにしています。」

映画芸術科学アカデミーと Linux Foundation によって2018年8月に設立された ASWF は、オープンソース ソフトウェアの開発者がリソースを共有し、イメージ作成、視覚効果、アニメーション、およびサウンド技術について協力し合う中立的なフォーラムです。

Industrial Light & Magic のエグゼクティブ クリエイティブ ディレクター兼代表であり、Academy Software Foundation のボードチェアである Rob Bredow 氏は、次のように述べています。
「業界全体のオープンソースソフトウェアの継続的な成長を支援するために、私たちは開発者がコードのコントリビューションとコミュニティへの参加をしやすくするツールを提供する特権を持っています。ツールの1つは Academy Software Foundation の継続的インテグレーション (CI) ビルド インフラストラクチャで、ビルドおよびランタイム環境の開発を合理化します。Apple を新メンバーに迎え、Apple プラットフォームのサポートの改善に協力して取り組みたいと思います。これによりオープンソースソフトウェア開発の民主化が継続されるでしょう。」

Academy Software Foundation について

Academy Software Foundation は、映画芸術科学アカデミー ( https://www.oscars.org/ ) と Linux Foundation ( http://www.linuxfoundation.org/ ) の提携により設立されたもので、映画業界や幅広いメディア業界のオープンソース ソフトウェア開発者に中立的なフォーラムを提供します。ここではリソースを共有し、イメージ作成、視覚効果、アニメーション、およびサウンド技術について共同研究を行っています。同ファウンデーションは、OpenVDB、OpenColorIO、OpenCue、OpenEXR、OpenTimelineIO の活動拠点です。 Academy Software Foundation の詳細や参加については、ASWF.io にアクセスしてください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング