ボーナス額にはまだ「アベノミクスの恩恵」は無い?

PR TIMES / 2013年7月19日 14時34分

ネットリサーチDIMSDRIVE 「2013年夏ボーナス」に関する調査結果を発表

●「景気が悪くなっている」印象はやや薄まる しかしボーナス額にはまだ「アベノミクスの恩恵なし」
●主婦業にボーナスが出るとしたら「5~10万円」

インターワイヤード株式会社(東京都品川区、代表:斉藤義弘)が運営するネットリサーチのDIMSDRIVE(ディムスドライブ)では、「ボーナス」についてアンケートを行いました。
2013年6月21日~27日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター7,555人から回答を得ています。
ボーナスから景気回復を実感した人は少ないものの、『景気が悪くなっている』という印象はやや薄れてきたことが伺える結果となりました。

<ボーナス調査 結果詳細>
http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2013/130719





-------------------------------------------------------------
●中小企業の1割が、「今年はボーナス無し」 一方で投資への意向がやや強まる●

■ボーナスがもらえる人は3割
回答者“ご自身”(主婦なども含む全員)に今年夏ボーナスが出たかどうかについて、
『出る・出た』という人は30.6%であった。

2010年・2011年調査と比べると、『夏ボーナスをもらえる割合』は年ごとに減少している。

※2012年は調査を行っておりません。2011年・2010年の調査期間は7月上旬でほぼ今回と同じ時期です。


■中小企業の1割が、「制度はあるが今年はボーナス無し」
企業の従業員数別に見てみると、従業員数が多くなるほど『出る・出た』割合は高い。
【1,001人以上】の企業では89.6%と9割近くだったのに対し、【11~100人】では56.1%と半数強、
【10人以下】の企業では25.4%と3割以下であった。

また、【100人以下】の企業の9.9%、【10人以下】の企業の11.9%が、「ボーナス制度はあるが、今夏は出ない」と回答しており、100人以下の中小企業の1割が『ボーナスが出ない』状況である。
大企業ほどこの値は少ない傾向にある。


■ボーナス額は「増えた!」18.5%、「減った…」26.4%
昨年と比べた“増減”を尋ねたところ、「増えた」18.5%、「減った」26.4%、「同じくらい」50.0%で、昨年と同等の人が多いようである。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング