デルタ航空、ボーイング747-400型機へのフルフラットベッドシート導入を完了

PR TIMES / 2012年11月16日 22時17分

デルタ航空はこのほど、ボーイング747-400型機、全16機の内装刷新を完了しました。ビジネスクラス「ビジネスエリート」には、完全に水平になるフルフラットベッドシートを導入し、エコノミークラスにはオンデマンド型の個人用オーディオ・ビデオモニターを装備しました。



【米国アトランタ、2012年11月15日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)はこのほど、ボーイング747-400型機、全16機の内装刷新を完了しました。ビジネスクラス「ビジネスエリート」には、完全に水平になるフルフラットベッドシートを導入し、エコノミークラスにはオンデマンド型の個人用オーディオ・ビデオモニターを装備しました。

改装後の747型機は、ビジネスエリート48席、エコノミーコンフォート42席、エコノミー286席の、計376席となります。新シートの概要は以下のとおりです。

ビジネスクラス「ビジネスエリート」
1階席と2階席にある「ビジネスエリート」の座席数は計48席となり、全座席ともフルフラットベッドシートで通路に面しているため、隣のお客様を気にすることなく座席への出入りが可能です。各座席には110ボルトの電源、USBポート、読書用LEDライトが装備され、15.4インチのワイドビデオスクリーンでは、300本以上の映画、計88時間以上のテレビ番組、計100時間を越えるHBOやShowtimeなどのプレミアプログラム、27種類のビデオゲーム、5,000曲以上のミュージックトラックなど、米国航空会社の中で最多の合計1,000種類以上からお好きなプログラムをお選びいただけます。


「エコノミーコンフォート」
他の国際線長距離路線用機材と同様に747型機のエコノミークラスには「エコノミーコンフォート」を導入しています。エコノミーコンフォートの座席はシートピッチが35インチ(約90センチ)あり、標準的な国際線エコノミークラスの座席よりも足元のスペースが最大4インチ(約10.2センチ)広く、リクライニング角度が1.5倍となります。747型機には42席のエコノミーコンフォート座席が設置されています。

エコノミークラス
ボーイング747-400型機のエコノミークラスには、薄型の「スリムライン」シートを導入しました。これにより、お客様のひざ周りのスペースが最大2インチ(約5センチ)広がります。全座席に角度を調節できるウィングを備えた可動式ヘッドレストを装備し、快適性を高めました。また、各座席にUSBポートと9インチ大のパーソナルスクリーンが設置されています。最新機能を備えたタッチスクリーンでは、ビジネスエリートと同じ豊富なラインナップのコンテンツを無料でお楽しみいただけます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング