D*FACE(ディーフェイス) シルクスクリーン付BOX作品集 【The Art of D*Face “one of Man & His Dog”】先行ネット販売 12月9日(月)スタート

PR TIMES / 2013年12月9日 13時18分

パルコの公式オンラインモール「パルコ・シティ」 × 渋谷パルコ「PARCO GALLERY X」連動企画

株式会社パルコ(本社:東京都渋谷区)の運営するオンラインモール「パルコ・シティ」では、渋谷パルコ「パルコ ギャラリーX」でただいま開催中の展覧会 「D*FACE EXHIBITION THE ART OF D*FACE ONE MAN & HIS DOG」 と連動し、シルクスクリーン付BOX作品集『The Art of D*Face “one of Man & His Dog”』 を販売いたします。

現在、入手できるのはWEBでは「パルコ・シティ」のみとなりますので、ぜひこの機会にご覧くださいますようお願い申し上げます。




【シルクスクリーン付BOX作品集】The Art of D*Face “one of Man & His Dog”

イギリスのローレンスキング出版より発売された『The Art of D*Face “one of Man & His Dog”』 は、彼の活動約10年の集大成がつまった書籍となっております。今回の展覧会では、海外で特別出版されたシルクスクリーン付のBOX作品集に加えて、日本限定のシルクスクリーン付BOX作品集も特別発売!日本限定版は100部のみ販売の大変貴重な一冊です。

【書籍概要】
仕様:シルクスクリーン付BOX作品集『The Art of D*Face “one of Man & His Dog”』
発売:12月9日
(会場およびオンラインモール「パルコ・シティ」で先行発売)
定価:28,400円 (梱包、郵送費1,000円を別途頂きます)
*海外で販売された「TRADE EDITION」と「JAPANESE EDITION」(日本限定版)の2種をご用意致しました。 

【販売開始日時】 2013年 12月9 日(月) 正午12:00

【パルコ・シティ Gallery X Shop】 
http://www.parco-city.com/gallery-x 


展 覧 会 概 要
タ イ  ト ル : D*FACE EXHIBITION THE ART OF D*FACE ONE MAN & HIS DOG
会 期 : 2013年12月6日(金)~12月18日(水)
          ※最終日18日水曜日は、18:00クローズ。
営 業 時 間 : 10:00 AM~21:00 PM
会     場 : PARCO GALLERY X (渋谷パルコ・パート3・B1F) 
東京都渋谷区宇田川町15-1
TEL/FAX  03-6455-1660
E-MAIL parcogx@gmail.com
WEBサイト  www.parco-art.com/gallery-x/
WEB SHOP http://www.parco-city.com/shop/shgal351/shgal351
主     催 : パルコ
企 画 制 作 : GYPSYEYES
協 力 : 株式会社メディコム・トイ

【アーティストプロフィール】
D*FACE a.k.a Dean Stockton
1973年生まれ、 子供の頃に読んだ“サブウェイ・アート”に強い影響を受け、 絵を描く事を始める。
高校時代興味を持った、 スケートシーンは現在の作品にも多いに生かされ、高校を卒業後にロンドンのデザインカレッジに入学。 卒業後はフリーランスのイラストレーターデザイナーの仕事を始め、 フリーランスの仕事の傍ら、 自身の作品制作も始める。 その後は次第に自身の作品制作の楽しさに嵌り、 数年後には、 グラフィティ・アーティストとして歩む決意をする。“グラフィティ・アーティスト”、D*Faceの誕生である。 2006年、 “自身の仲間や才能ある若手が作品発表を自由にできる様”にという信念で、 イースト・ロンドンの Brick Lane に自身が運営する、Stolen Space Gallery をオープン。
現在まで有名無名を問わず、多くのアーティストのExhibitionを行い、世に送り出している。
*Conor Harrington, Dave Kinsey, Obey, Word to Mother など、D*Face、Banksy、Nick Walkerの3人が現在のUK Graffiti Sceneに与えた影響は大きく、 彼らの功績は多くのアーティストや仲間からのリスペクトを受けている。 今のGraffiti Sceneのパイオニア的存在。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング