神戸の新たな価値を見出すクロスメディアイベント「078」で神戸出身の松本優作監督作品映画「Noise」特別上映決定!

PR TIMES / 2018年4月21日 12時1分

ー振動と光によって音の特徴を「髪の毛」で感じる富士通が開発したデバイス「Ontenna」で新たな映画体験を提供ー

株式会社vivito(ビビトー/本社:東京都渋谷区、代表取締役:辻 慶太郎、以下 vivito)が製作委員会に参画し、クルオクリエイターである松本優作が監督を務める映画「Noise」が、神戸の新たなクロスメディアイベント「078」にて、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 達也、以下 富士通)が開発中の、ヘアピンのように髪の毛に装着し、音の特徴を振動と光で伝えるデバイス「Ontenna(オンテナ)」を用いて、「新しい映像体験」を提供する上映会とトークセッションを実施いたします。



*音と映像のシンクロにこだわった映画「Noise」

[画像1: https://prtimes.jp/i/20866/66/resize/d20866-66-283448-2.jpg ]


神戸出身である松本優作が監督・脚本を手がけた映画「Noise」は、秋葉原の街と人々が織りなすドラマを4Kカメラで撮影し、最新の高性能編集用PCでネイテイブ4K編集を行うことで密度の高い映像と繊細な色彩で表現。
同時に日本を代表するDJ/トラックメーカーであるbanvoxがテーマ曲「Save Me」を提供するほか、映画音楽プロデューサーとして劇中の音楽や音声、音質、効果音、細かな音のニュアンスまでこだわりを持って制作しています。
音と映像がコネクトしたこの作品を、聴覚障がい者の方にも感じてもらうことはできないか、今までにない新しい映画体験を、エンターテイメントを届けたいという制作陣の思いが、今回新たな出会いを生み出しました。


*髪の毛で音を感じるデバイス「Ontenna」で聴覚障がい者の方に「新しい映像体験」を

[画像2: https://prtimes.jp/i/20866/66/resize/d20866-66-924518-0.jpg ]


ヘアピンのように髪の毛に装着し、振動と光のリズムやパターンによって音の特徴をユーザーに伝えるデバイス「Ontenna(オンテナ)」。このデバイスを使って様々な方に映画「Noise」を実際に観て頂き、作品中の音楽や細かな音のニュアンスをどれだけ臨場感をもって体感し楽しめるのか、「新しい価値の創造」の場となる映像鑑賞体験会を、4月27日(金)にメディアミックスイベント「078」内で実施いたします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング