エムティーアイとYahoo! JAPANがスマートフォン向けソリューション事業において連携を開始

PR TIMES / 2012年2月23日 12時14分

スマートフォン向けソリューション事業において連携を開始
~Web API・決済サービス・クラウドサービスから連携開始、
今後は広告も含めた総合的な連携を予定~

株式会社エムティーアイ(以下、エムティーアイ)とヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は本日より、スマートフォン向けソリューション事業において連携を開始しました。本連携によりエムティーアイはスマートフォン向けソリューションサービスの充実を、Yahoo! JAPANはオープン化戦略のスマートフォン分野での拡大・推進を図ります。

■具体的な連携内容
・Yahoo! JAPAN Web APIとの連携
エムティーアイが提供するモバイルサイトのスマートフォン最適化ソリューション「モバイルコンバート for スマートフォン」(以下、MCSP)とYahoo! JAPANが提供するWeb APIの中から「Yahoo!オープンローカルプラットフォーム」(以下、YOLP)を連携させます。MCSPがサポートするクライアント様のスマートフォンサイトに、地域関連情報を簡単に追加できるようにYOLPのAPIを機能拡張させ、位置情報と親和性の高いデバイスであるスマートフォンでの利便性向上を目指します。

・決済サービスでの連携
エムティーアイが提供する、スマートフォン向け会員認証・決済プラットフォーム「mopita」において「Yahoo! JAPAN ID」と「Yahoo!ウォレット」の連携を行います。この連携によって既に「Yahoo!ウォレット」に登録済みの約2,500万人のお客様はスムーズな認証・決済ができます。また本連携によりお客様の決済サービスの選択肢を広げ、「mopita」の利用促進を目指します。

・クラウドサービスでの連携
エムティーアイはMCSPにおいてYahoo! JAPANとの様々な業務提携を進めるにあたり、Yahoo! JAPANのグループ企業でデータセンター事業を展開している株式会社IDCフロンティア(以下、IDCF)のクラウドサービスを利用します。安定したインフラ環境の元で様々なクライアント様のニーズを満たす幅広いソリューションの提供を目指します。

今後も両社では、MCSPの機能拡張を目指しYahoo! JAPAN Web APIと広く連携させるとともに、スマートフォン向けソリューション事業において広告などのさらなるプラットフォームでの連携をすすめるなど総合的な取り組みを検討し、互いの強みを生かしながらサービスの向上を目指し協業して行きます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング