中東系航空会社格安航空券を24時間オンライン予約!手軽に空席照会できて気軽に仮予約頂ける「ファーサイト」より、キャンペーン情報

PR TIMES / 2013年1月10日 9時19分

エミレーツA380ハブ運用開始

エミレーツA380の新しい本拠地がドバイにオープン



--------------------------
 注目のおすすめ情報
--------------------------

エミレーツA380ハブは、世界最大級の航空機、A380の発着ターミナルとして
設計された、初の空港施設です。

世界一流のショッピング/レストラン街を備えるほか、ファーストクラス、
ビジネスクラス専用のゆったりとしたラウンジは、搭乗口に直結しています。
これからはこの最新鋭ハブをぜひご利用ください。

EK003 ロンドン・ヒースロー行きが、A380フライト第1便として2013年1月2日に
新エミレーツA380ハブから出発しました。

●お客様を出迎える最新技術を駆使した空間
11階建て、50万m2もの広大な建物は、年間1500万もの旅客が行き交い、
まさに世界一巨大な最新鋭航空機の本拠地にふさわしいと言えるでしょう。

●食の殿堂
あらゆる舌を虜にする多彩な店舗
世界最高峰のレストランやカフェ、バーが集結しています。

人気のファミリーレストランであるGiraffe cafeやPaul and Carluccio's、
軽食にはShake ShackやCosta Metropolitan、そしてアルコールは
Moet & Chandonのシャンパンバーでお楽しみください。

エミレーツA380の新しい本拠地で、舌もとろけてしまうこと請け合いです。

●他に類を見ない高級ラウンジ

搭乗口に直結
ここには、世界最大級のビジネスクラス専用ラウンジ、シガーバーや免税店も
併設されたファーストクラス専用の高級ラウンジがあります。

2つの階にまたがる広いスペースでゆったり過ごした後は、どちらも搭乗口に
直結しているので、あっという間に機内へ入ることができます。

●乗り継ぎ、宿泊、そして搭乗
ご搭乗までの時間も便利に
A380ハブとターミナル3は、2本のターミナルトレインで迅速かつスムーズに
結ばれています (中東では初の形態)。

機内へは、エミレーツA380の発着専用に設計された20の搭乗口から、
素早く効率的に乗り込めるようになっています。

さらにここにはホテル階もあります (4つ星が170室、5つ星が32室)。


 ファーサイトについて

ファーサイトとは、航空会社直取引の各航空会社の専門サイトです。

□ハワイアン航空専門ファーサイト http://hawaiian.firsight.jp/
人気のハワイを羽田空港から

オアフだけでなく、マウイ島やハワイ島へのの予約も簡単!

□シンガポール航空専門ファーサイト http://sq.firsight.jp/

シンガポールはもちろんデンパサール(バリ)、プーケットなどアジアリゾート各地へのアクセスにとっても便利。早期予約枠のお値打ちチケットが得だ値価格!

□シンガポール航空ビジネスクラスで行くシンガポール

http://sq.firsight.jp/lp_sin/lp_sin.html

□シンガポール航空ビジネスクラスで行くロサンゼルス

http://sq.firsight.jp/lp_lax/lp_lax.html

□マレーシア航空専門ファーサイト http://mh.firsight.jp/

マレーシア国内各都市への渡航にお薦め。人気のコタキナバル直行便は早目の予約が肝心。5つ星航空会社(SKYTRAX社評価)でいくヨーロッパ便も今年は予約が取りやすくなってます。

□アラビアンファーサイト http://arabian.firsight.jp/
砂漠とリゾートで人気がある各都市は日本と欧州・アフリカとの中間点。

ヨーロッパはもちろんモルジブ帰りにちょっと立ち寄って発展著しい街を散策なんてお客様、最近ふえてます。

□チャイナファーサイト http://china.firsight.jp/
中国のローカル都市に直行便や同日乗継可能。

日本国内の就航都市の多さも魅力です。

□パキスタン航空ファーサイト http://pk.firsight.jp/

成田から北京に飛ぶ場合、他社便と比べて便が少ないですが燃油サーチャージ料が割安設定でリーズナブルと評判です!

□FACEBOOKページ

https://www.facebook.com/firsight.jp

□お問合せは

株式会社クロノス・インターナショナル
ファーサイトカスタマーセンター
03-5501-7799
受付(月~金)10:00-18:00
  (土)  10:00-13:00

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング