コンゴ東部からウガンダへ新たに37000人もの子どもが避難戦闘再燃による暴力から逃れるために

PR TIMES / 2013年8月5日 17時22分

コンゴ民主共和国東部の町カマンゴ(Kamango)近くでの戦闘により、66,000人以上の人が
隣国ウガンダへ避難しました。避難した人の55%は子どもです。反政府勢力による7月11日の
カマンゴへの襲撃以降、ウガンダのブバンブディ(Bubanbdi)にはコンゴ難民が押し寄せています。



【2013年8月2日 ゴマ、カンパラ、ジュネーブ発】


難民となった子どもたちの多くは、真夜中に武力攻撃が発生し、住民たちは混乱に陥り、
殺戮から逃れるために家族が散り散りとなって避難したと証言しています。
中には、混乱で両親や兄弟姉妹と離れ離れとなり、
自らウガンダとの国境を目指した子どもたちもいます。

ウガンダ赤十字は、これまでに少なくとも37,037人の子どもたちを難民として登録しました。
このうち122人は、家族と離れになった未成年で、
その約半数に当たる63人は、家族と再会できました。

コンゴ民主共和国東部では、多くの子どもたちが人道的に危機的な状況に置かれています。
2013年6月時点で、北キブ州の約2,000人を含む計4,500人もの子どもたちが武装勢力に徴用されている
とみられています。子どもたちを武装勢力に取り込み、兵士とすることは、子どもの権利の重大な
侵害行為とされていますが、子どもたちを徴用している武装勢力はこれまで訴追されていません。
また、ユニセフは、最近の武力衝突により、
負傷または死亡した子どもがいるとの報告も受けています。


現在、コンゴ民主共和国東部では、人道支援活動を行う場所までアクセスすることが阻まれ、
ユニセフとパートナーが、最も支援を必要としている人たちに支援を届けるのは困難な状況です。
2011年以来、人道的アクセスは376件拒否されたと記録されており、武力行為によって、
学校と医療施設113件が襲撃を受けています。こうした状況は続くと見られ、
ユニセフはすべての勢力に対し、子どもたちをあらゆるかたちの暴力、
搾取、虐待からか守ることを呼びかけています。


ユニセフは、コンゴから逃れてきた子どもたちのために、ウガンダで緊急支援を展開しています。

どこでも学校を始められる学用品一式をセットにした「スクール・イン・ア・ボックス」の配布や、
難民たちの住居となっていた学校での授業再開、「子どもにやさしい空間」の設置、
女性や子どもたちの病室を含む医療物資支援、ワクチン、救命物資、水やトイレ、
衛生面での支援も行っています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング