「防災グッズ」を見直そう

PR TIMES / 2020年9月9日 18時15分

「登山×防災」 9月のテーマは「防災月間」

登山・アウトドア・クライミング用品販売店、クライミングジムを運営する株式会社好日山荘(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長 池田 真吾)は、好日山荘が発信する「登山×防災」。今月のテーマは「防災月間」を機に、防災グッズの見直しを提案しております。



[画像: https://prtimes.jp/i/35305/67/resize/d35305-67-299774-0.jpg ]

8月からこの9月にかけて、台風9号・10号と連続して日本近海を通過しました。
過酷な自然環境で命を守るための登山・アウトドアのウェアやグッズは、これからの季節に発生しやすい台風やゲリラ雷雨などの自然災害の際にも大いに役立ちます。

しかし、そのようなアウトドア用品も日頃から使って慣れ親しむこと、いざという時にすぐ使える場所に用意しておくこと、そしてメンテナンスや定期的なチェックを行い、いざという時に機能を最大限に活かすことが大切になってきます。
例えばレインウェアなどの防水透湿ウェアは、表面の撥水性を維持しないと本来の性能が十分に発揮されません。

好日山荘の店舗では、厳しい環境で様々な道具やウェアを使う事に慣れ親しんだ、知識・経験の豊富なスタッフが、アウトドアグッズやウェアの災害時での応用方法から普段のお手入れ方法まで、を分かりやすくご案内いたします。

災害はいつやってくるか分かりません。早目の準備をぜひお近くの好日山荘のお店でご相談ください。

好日山荘「登山×防災」 特集ページ  https://www.kojitusanso.com/shop/pages/emergency.aspx

登山×防災「防災月間」概要
期間:9月1日(火)~9月30日(水)
内容:「好日山荘メンバーズ」会員限定でグランジャーズの「洗剤と撥水剤」セットが5%OFF
*好日山荘メンバーズは入会金・年会費永年無料です。当日ご入会の方にも、本サービスは適用されます。


好日山荘について
「好日山荘」は1924年、日本初の登山用品専門店として誕生し、創業から95年を超える日本で最も歴史のある登山・アウトドア用品専門店です。創業以来、登山やアウトドアの楽しみを広めることをミッションとし、日本全国にある「好日山荘」直営店43店舗で、山や自然を心から愛する経験豊富なスタッフが、安全・快適な登山やアウトドアライフのための商品、知識・ノウハウをご提供しております。
また、2010年より、スポーツクライミングを日本で普及・発展させるためクライミングジム「グラビティリサーチ」をオープン。全国で12店舗を展開。 https://www.kojitusanso.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング