【iClever】大好評のワイヤレスキーボード&マウスセットにシックな新色が登場

PR TIMES / 2020年7月22日 12時40分

iCleverは、テレワークにも便利な2.4Gワイヤレスキーボード&マウスセットの新色「IC-BK22Combo ブラック」を発売しました。



「IC-BK22Comboブラック」は、従来の同製品の持つ高い機能性はそのままに、落ち着いた雰囲気を思わせるブラックを新色として採用しました。クールで高級感の漂うデザインにより、作業スペースも格別の空間に。一つのレシーバーでキーボードとマウス両方を接続できるため、USBポートが混み合うこともありません。Windows、Macに対応しており、オフィスはもちろん、在宅勤務やプライベートな時間にも活用できる一品です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/36693/67/resize/d36693-67-479290-3.jpg ]



【IC-BK22Comboブラック】( https://www.amazon.co.jp/dp/B0886BLTB8

[画像2: https://prtimes.jp/i/36693/67/resize/d36693-67-162672-7.jpg ]


■2.4Gワイヤレス接続&JIS配列

キーボードとマウスは、一つのレシーバーをデバイスに差し込むだけで接続が完了。接続を司る2.4GHzワイヤレステクノロジーによって、近周波数の電波が多く存在する環境でも、遅延やデータの欠落を抑え、干渉のない安定した通信で快適な操作を実現しました。また、馴染みのある日本語JIS配列により、かな入力にも対応。簡単な操作で入力をお楽しみいただけます。


[画像3: https://prtimes.jp/i/36693/67/resize/d36693-67-786386-5.jpg ]


■長時間の使用にも対応する充電&キー設計

280mAHバッテリー内蔵のUSB充電式のため、面倒な電池交換はいりません。一回フル充電すれば90時間の連続使用が可能に。キーにはパンタグラフ方式を採用しており、打ちやすい19mmキーピッチと、浅めな1.8mmキーストロークは、静か、快適、滑らかなタイピングを実現します。人間工学に基づいた斜面設計で、使用中の手の疲労も軽減。長時間の作業でも快適にご使用いただけます。


[画像4: https://prtimes.jp/i/36693/67/resize/d36693-67-234771-8.jpg ]


■自在に操れる静音マウス

セットのマウスは手にフィットするサイズ感に加え、感度調節も可能。三段階のDPIレベル(1000/1200/1600)を切り替えることで、WEBの閲覧はもちろん、ゲームやイラストレーションなど精密な作業にも最適な反応速度をお選びいただけます。また、サイレントスイッチを採用しているため、静かなクリック音を実現。周囲を気にせず、集中して作業に取り組めます。


■製品仕様
・キーボード
サイズ:36.6x12.5x1.6cm
重量:373g(内蔵バッテリー含む)
カラー:ブラック
保証期間:18ヶ月
キー数:104
キーピッチ:19mm
キーストローク:1.8±0.2mm
動作力:60±20g
消費電流:≤8mA
連続使用時間:≥90h
操作距離:≤10m
充電時間:≤2h
接続方式:2.4G
対応機種:Windows7、8、10、XP、Vista/MacOS

・マウス
サイズ:10.7x6.0x2.7cm
対応OS:Windows7、8、10、XP、Vista/MacOS
DPI:1000、1200、1600
操作距離:≤10m
電源:単4形乾電池×2本(別売り)

■商品ページ: https://www.amazon.co.jp/dp/B0886BLTB8

[画像5: https://prtimes.jp/i/36693/67/resize/d36693-67-287259-9.png ]

■オフィシャルサイト: https://www.iclever.co.jp
■公式Twitter: https://twitter.com/iClever_jp
■カスタマーサービス:support@iclever.co.jp

【会社概要】

[画像6: https://prtimes.jp/i/36693/67/resize/d36693-67-712806-10.png ]

サウザントショアス株式会社 Thousand shores Inc.,は2010年にアメリカのイリノイ大学とワシントン大学出身の博士二人によって設立されたグローバル・ハイテク・ベンチャーで、豊富な技術陣と蓄積されたノーハウと先端テクノロジーを活用して、高品質なPCやモバイル周辺機器の開発を行っています。日本、アメリカ、カナダ、イギリス、スペイン、ドイツはじめ20数か国向けに500を超える製品を提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング