脱一極集中が広げるマーケット 地域で生まれる新産業、滋賀県特集 人口減少の負の影響を受けない地域づくり戦略「月刊事業構想」2020年10月号を発売

PR TIMES / 2020年9月1日 14時45分

学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学(本部:東京都港区、学長:田中 里沙)出版部は、企業活性、地方創生、イノベーションの専門誌「月刊事業構想」2020年10月号を発売しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/36930/67/resize/d36930-67-694190-0.jpg ]

これまでの社会は大都市に人口が集中し、高密度化することで発展を遂げてきました。しかし、コロナ禍はそのリスクを顕在化させる結果となり、改めて地方への注目度が高まっています。今月の特集では、脱一極集中や分散型社会がもたらす新ビジネス、地方における新産業がテーマです。社会の様々な側面で変化が求められる今、こうした流れは、地方において新産業を生み出す可能性があるとともに、ものづくりや金融、食や農業、エネルギーなど、従来、集権的なシステムで成り立ってきたものが解体・分散化し、新たなビジネスの勃興を加速させています。
地域特集は滋賀県。現在にも引き継がれる「三方よし」や「利他」のこころといった近江商人の精神が土台となり、持続可能な発展を目指す本県について、滋賀県知事 三日月大造氏ほかインタビューなど紹介します。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/36930/table/67_1.jpg ]




【大特集】地域で生まれる新産業 脱一極集中が広げるマーケット

・数字で見る 大都市一極集中と分散
・安宅和人氏インタビュー 圧倒的な価値を生む空間を創る
・ブロックチェーン時代の新たな潮流 分散化する世界の新ビジネス
・VUILD 誰もが自らの手で「つくる」社会に デジタル技術で「建築を民主化」
・Luup 移動のあり方を変え、街全体を「駅前」に 小型モビリティの新市場を拓く
・地域企業とスタートアップをマッチング 地方創生を次のステージへ
・KabuK Style 世界300拠点に定額住み放題 「旅して働く」時代をつくる
・長野県白馬村で「リゾートテレワーク」を実践 大自然の中で働くメリットとは
・「再エネ海域利用法」で促進区域を指定、事業化を後押し 洋上風力発電の可能性
・中央集権、一極集中の限界 今、改めて問われる道州制
・交流・学び・貢献が生む地域の活力、ニューツーリズムの未来 逆参勤交代が拓く1000億市場


【地域特集】滋賀県 現代社会の課題を解決する「三方よし」の精神

・三日月大造・滋賀県知事インタビュー 「三方よし」や「利他」のこころが地域をつくる
・数字で見る滋賀県
・JR西日本 滋賀エリアのまちづくり 沿線エリアの自治体と協力
・アグテコ 野洲市に国内最大級のレタス植物工場を開設 効率化に集中し安定供給を確立
・ONE SLASH 地域の課題をポジティブに 町を元気にする「面白い」の威力
・地域に密着した大工の力で 宿場町の賑わいを取り戻す
・古川与助商店 自社技術で伝統を発展させる 和紙布を滋賀から発信
・一般社団法人「kikito」の森づくり 「びわ湖の森」を将来も豊かに
・コロナ後のインバウンド新時代に向けて 伝統資源で世界に存在感を


【特別企画】『スーパーシティ 社会課題を克服する未来のまちづくり』出版記念ウェビナー
スーパーシティで地域が変わる

・社会課題を克服する未来のまちづくり 今動くべき未来都市への変容
 片山さつき 自由民主党 総務会長代理、参議院議員、前国務大臣(規制改革・地方創生・女性活躍)
・シスコシステムズ 都市のデジタル化を全方位で支援
・裾野市「スソノ・デジタル・クリエイティブ・シティ構想」の実現 次世代型近未来都市への挑戦
・セールスフォース・ドットコム データが支える地域の安心
・カクイチ 地域交通で住民の生活を変える


【特別企画】アンダーコロナの自治体デジタルシフト

・政府CIO補佐官が語る 自治体DXの重要ポイント
 平本健二 政府CIO 上席補佐官
・シスコシステムズ デジタル化で住民サービスは進化
・カオナビ 人事業務の効率化を実現
・NTTデータ コロナ給付金の迅速支給にも貢献
・データを活用した農業で新しい社会づくりを スマート農業の加速化を目指して
・KDDI 価値を共創できるパートナーに
・アラクサラネットワークス 庁内ネット管理効率化でスマート自治体を実現


【SDGs】

・SDGs×イノベーション オフィス空間のDXで価値創造
・統計から読み解く世界の課題とビジネスチャンス
・持続可能な社会のための千年科学技術 感染症の順応的管理と予防原則
 沖大幹 東京大学大学院 工学系研究科 教授
・持続可能な地域社会を再構想する 「場づくり」から「アクション」へ
 青山忠靖 事業構想大学院大学 特任教授


【発想・アイデア】

・事業構想10ヶ条 第6条 自分マーケティングを活かす
 唐池恒二 九州旅客鉄道 代表取締役会長/事業構想大学院大学 特別招聘教授
・大企業×ベンチャー 連携で用途を広げ、成長につなぐ
 白石由己 CLEAR取締役副社長兼COO/CFO
・未来を変える経営者 決済の変化に応え、海外で攻勢
 三和元純 グローリー 代表取締役社長
・後継者の新ビジネス 自社ビルを「街に開かれた場」に
 伊東勝 SHIBAURA HOUSE 代表取締役
・通訳・翻訳業界の最新動向 翻訳業界で求められる機械と人の共存
 隅田英一郎 情報通信研究機構(NICT)フェロー/アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT)会長
・我が社の構想 熊本のドローン・インフラ構築
 藤井章生 レイメイ藤井 代表取締役社長
・我が社の構想 常に、「新しいもの」を追求
 久保孝二 グリーンクロス 代表取締役社長
・新事業開発のための広報視点 広報実務と広報研究からの問題提起
 柴山慎一 社会情報大学院大学 教授/日本広報学会 理事長/シダックス株式会社 取締役専務執行役員
・羽田土曜会 地域の未来を拓く人材活動の現場に密着取材


【分析・論説】

・ザ・ライバルズ 再生可能エネルギー対決! 東北電力 vs 北海道電力
・サイバー文明の夜明け 大転換期の経済システム
 國領二郎 慶應義塾 常任理事/慶應義塾大学 総合政策学部 教授/経営学博士
・DX時代のビジネスモデル デジタル時代のマネタイズ
 川上昌直 兵庫県立大学 国際商経学部 教授
・ヘルスケアビジネスの新戦略 Society5.0時代の注目領域
 加藤浩晃 東京医科歯科大学臨床准教授/アイリス取締役副社長CSO
・知が創る未来ビジネス 無形資産である「時間」の価値
 早川典重 事業構想大学院大学 特任教授
・事業を構想し実現する「ビジネスデザイン」 デザインは企業成長の原動力
 NTTデータ
・中小企業基盤整備機構 地域の企業の事業承継を支援
・地方創生の実践へ 議会質問のヒント 青少年(の施策)って何だろう?
 牧瀬稔 関東学院大学法学部 地域創生学科 准教授/社会情報大学院大学 特任教授
・実務家教員による大学教育 知識格差とハイパーラーニング・ソサエティ
 川山竜二 社会情報大学院大学 研究科長・教授


【インタビュー・対談】

・短歌をもっと身近な文化にジャンルに縛られず、軽やかに羽ばたく
 野口あや子 歌人・作家

[画像2: https://prtimes.jp/i/36930/67/resize/d36930-67-950075-1.jpg ]


本誌は、表紙と裏表紙の表面を抗菌処理加工しています。
SIAAマークはISO22196法により評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。


◆ 雑誌概要
雑誌: 144ページ
出版社: 学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学 出版部
価格: 1,300円(税込)
ASIN: B08F6CGB6D
https://www.amazon.co.jp/dp/B08F6CGB6D/

月刊事業構想について
2012年9月に創刊した企業活性、地方創生、イノベーションをテーマとした専門誌。新たな事業アイデアを求める、全国の経営者・新規事業担当者・自治体首長幹部の方々を対象に、新規事業・組織運営のヒントとなる事例を紹介します。 https://www.projectdesign.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学 出版部
TEL:03-3478-8402
Facebook:facebook.com/pdreview/
Twitter:@pdesign_jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング