「耐震住宅100%」 全国の工務店204社が一同に集結

PR TIMES / 2014年9月20日 11時17分

NCNが耐震住宅100%決起集会を開催

全棟構造計算書付きのSE構法を独立系住宅ビルダー、工務店による全国のSE構法登録施工店を通じて供給している株式会社エヌ・シー・エヌ(以下 NCN、URL:http://www.ncn-se.co.jp/)は、2014年9月22日(月)、全国200社の工務店と共に「耐震住宅100%」実行委員会」決起集会を行うことをお知らせ致します。



 「耐震住宅100%」プロジェクトは、2014年6月3日に閣議決定した「国土強靭化基本計画」(※1)を受けて、日本の住宅の建設業界全体に対し、旧耐震で建設された建物(1981年以前の建物)の改築と改修を促すこと目的しています。NCNを「耐震住宅100%実行委員会事務局」として、7月2日(水)に本社で記者会見を行ってから、続々と全国の工務店が本プロジェクトに賛同してくださり、現在の協賛社数は204社(2014年9月12日現在)となりました。

 そこで今回活動の第一弾として、204社の協賛工務店と9月22日(月)に自由学園明日館/東京都豊島区(※2)で決起集会を開催致します。地震による建物崩壊によって奪われる多くの命を救いたいと願い、耐震化活動をしてきた工務店が、耐震住宅100%を目指そうという想いをひとつに、歴史ある明日館に集結します。

 この決起集会では、ゲストに初代耐震大使として登山家の三浦雄一郎さんをお迎えして、これまでの各工務店の耐震化活動の発表、新CM発表を行います。併せて、7月2日から8月31日まで応募を募ってきた、「あなたの残したい建物コンテスト」(※3)のノミネート物件発表を行います。このコンテストで選出された、後世に残したい思い入れのある1建物を、「耐震住宅100%」実行委員会のファンディングにより耐震化します。8月末の応募締め切り時には、420件の応募がよせられ現在最終10件にしぼり、一般の方から最も多く投票頂いた物件の、耐震化計画を進めていく予定です。(※4)決起集会の詳細につきましては9月22日開催後のプレスリリース、またはNCN Webサイトでご報告させて頂きます。

 今後の活動としては集中プロモーションを行い、10月1日からTVCMを放送致します。さらに、9月22日の決起集会で発表するノミネート物件に対し一般投票を行い、選出された1物件にしぼり耐震化計画を進めていきます。またFace Book10万人の「いいね」を獲得することを目標に、ユーザーに情報を発信し続けることで、「耐震100%」を全国に啓蒙させていく予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング