研修・教室事業のデジタル化支援システム「WisdomBase」にてSlack連携による通知機能をリリース

PR TIMES / 2020年7月27日 19時40分

動画講座やオンラインセミナーの配信・販売環境を構築できる法人向けシステム、WisdomBase(ウィズダムベース)を運営する株式会社シェアウィズ(本社: 大阪府大阪市、代表取締役 辻川 友紀、以下シェアウィズ)は、この度の新機能追加にて、Slack連携※に対応したことをお知らせします。





[画像: https://prtimes.jp/i/4979/68/resize/d4979-68-583258-0.png ]

WisdomBase(URL: https://wisdombase.net/ )は、研修用動画講座のオンライン配信や、有料Webセミナーの販売システムを構築できる、法人向け総合ソリューションです。国内外の研修企業さま・教室事業運営企業さま・大学法人さまや行政機関さまなどにご導入いただき、研修・教室事業のデジタル化にご活用いただいております。

今回のSlack連携機能は、WisdomBaseで構築したサービス上で、利用者の新規登録や講座の受講が発生するごとに、ご導入企業さまで運用されているSlackの特定のチャネルに通知が届く機能です。この機能により、構築したサービスの利用状況の可視化が容易となります。

今後もWisdomBaseでは、各種外部サービスとの連携を強化し、研修企業さま、教室事業運営企業さまのデジタル化支援システムとしての価値を高めてまいります。

※「Slack」 は Slack Technologies, Inc.の登録商標です。

【株式会社シェアウィズについて】


社名: 株式会社シェアウィズ
代表者: 代表取締役社長CEO 辻川 友紀
所在地: 大阪市中央区南久宝寺町3−2−7 第一住建南久宝寺町ビル
設立: 2012年2月
URL: https://company.share-wis.com
事業内容: オンライン学習サービスの開発・運営


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング