1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

さいたま市のスマートホーム・コミュニティ第3期 2021年度グッドデザイン賞を2部門で受賞

PR TIMES / 2021年10月20日 19時45分

Looopは分散型エネルギーシステム「エネプラザ」を導入

再生可能エネルギーを中心としたエネルギーサービス事業者の株式会社Looop(本社:東京都台東区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下Looop)がさいたま市、株式会社中央住宅(本社:埼玉県越谷市、代表取締役社長:品川 典久)、株式会社高砂建設(本社:埼玉県蕨市、代表取締役社長:風間 健)、株式会社アキュラホーム(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮沢 俊哉)と共同で整備を進めている「スマートホーム・コミュニティ第3期」が、2021年度グッドデザイン賞の「12-01 中~大規模集合住宅」と「18-01 一般・公共向け取り組み・活動」の2部門において受賞しました。Looopは同コミュニティにて分散型エネルギーシステム「エネプラザ」の構築を進めています。
受賞紹介ページ:
https://www.g-mark.org/award/describe/52550?token=ehPj8YaIOB
https://www.g-mark.org/award/describe/52950?token=yYgoqOk0rB



[画像: https://prtimes.jp/i/58095/68/resize/d58095-68-c51b0c3bd430ced7147c-0.jpg ]

広く共有されるべき多くの知見が実装されたプロジェクト
エネプラザは、住宅街の各戸の屋根上の太陽光パネルで発電した電力を、街区中央にある蓄電池や「動く蓄電池」であるEVが備わったチャージエリアに集約し、各戸でシェアするなど、需給両面で再生可能エネルギーの利用率を最大限に高めようとする分散型エネルギーシステムです。さいたま市の事例では、1年間に街区で必要とする電力の60%を街区内で発電した再生可能エネルギーで賄います(計画値)。また系統停電時には、系統電力から独立し自立運転することが可能で災害にも強く、3E+S(安全性(Safety)を大前提とし、自給率(Energy Security)、経済効率性(Economic Efficiency)、環境適合(Environment)の同時達成を目指すこと)を叶えることのできるモデルです。今回の受賞では、「これから各所で広く共有されるべき多くの知見が実装されたプロジェクト」として脱炭素循環型を実現させる再生エネルギーの活用や、ランドスケープと一体になった創蓄電システムなどが高く評価されました。


Looopはさいたま市をモデルケースとして、今後も継続して「エネプラザ」を各地で展開することを目指し、カーボンニュートラルの達成に貢献してまいります。


【受賞情報詳細】
・12-01 中~大規模集合住宅
受賞番号:21G121153
一般名称:複合型シェアリングコミュニティ
固有名称:浦和美園E-フォレスト2021
審査委員の評価コメント:
「脱炭素循環型」をテーマに徹底的とも言うべき挑戦を行った事業である。再生エネルギーやモビリティに関わる様々な仕組みは、これからの都市開発・都市再生における重要なモデルとなろう。各所有者が一定の敷地を拠出して設けられた共有土地の考え方は、コミュニティ形成に寄与するアメニティ空間として意味を持ちながら、環境的・機能的な問題解決としても意図されているなど、これから各所で広く共有されるべき多くの知見が実装されたプロジェクトと言える。
https://www.g-mark.org/award/describe/52550?token=ehPj8YaIOB

・18-01 一般・公共向け取り組み・活動
受賞番号:21G181553
一般名称:脱炭素循環型コミュニティ普及モデルの構築
固有名称:スマートシティさいたまモデル
審査委員の評価コメント:
日本全国でスマートシティーが言われている中、新しいエネルギーシェアマネジメントシステム(特に個人所有のEVの電気を街区に融通するV2Gのシステム)により、新しいインフラをまちづくりとともに整備可能なことが素晴らしい。ランドスケープと一体になった創蓄電システムは、今後の日本のスタンダードになっていくポテンシャルがある。街への波及の中で、これまでの近所付き合いや街のコモンスペースのあり方さえも変えていくことが想像され、これから実装されていくモデルを注視し、今後を注目していきたい。
https://www.g-mark.org/award/describe/52950?token=yYgoqOk0rB

※いずれもさいたま市、株式会社中央住宅、株式会社高砂建設、株式会社アキュラホーム、株式会社Looopの共同受賞


【会社概要】
株式会社Looop(ループ)
代表者: 代表取締役社長 中村 創一郎
所在地: 〒110-0005 東京都台東区上野三丁目 24番6号 上野フロンティアタワー
設立: 2011年4月4日
事業内容:
●太陽光発電所システムの開発・販売・設置・工事・管理・メンテナンス
●自社太陽光発電所の設置・管理
●独立型太陽光発電システムと周辺機器の販売
●自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
●電力小売事業
●電力小売事業に関わる各種業務委託業太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理
●損害保険代理店事業(取扱保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)
資本金: 3,669百万円(資本準備金3,348百万円)※2021年3月末現在
売上高: 56,746百万円 ※2021年3月期連結
URL: https://looop.co.jphttps://looop-denki.com/low-v/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング