物件情報を軸とした新たなエリアマーケティングを!飲食店.COMが、立地情報を把握できる機能【立地ナビ】を物件を軸としたデータへとリニューアル!

PR TIMES / 2013年4月26日 11時31分

飲食店.COM(運営:株式会社シンクロ・フード)では、これまで【立地ナビ】として提供してきた商圏データ・立地情報を、駅中心のデータから、物件中心のデータへと、2013年4月25日にリニューアルしたことをお知らせいたします。

これまで提供してきた【立地ナビ】では、閲覧中の物件詳細ページにおいて、その物件に最も近い駅を中心とした商圏データを提供してきました。
しかし、駅中心のデータでは、駅から離れた物件の場合には、駅前の商圏とは大きくデータが異なるケースがありました。
そこで、今回のリニューアルでは、物件を中心とした商圏データを、閲覧中の物件情報と同時に閲覧できるようにリニューアルしました。

物件スペック情報にプラスして、物件を中心とした可視化した商圏データを把握することで、様々な価値ある気付きを提供し、物件・立地選定を力強くサポートしていきます。



■リニューアルした【立地】ナビの特徴は下記の通りです。
~ある物件を中心とした半径500m圏内にある商圏データを数値とグラフで表示~
該当する物件の住所を起点として、半径500m圏内にある立地情報を表示します。
立地情報の中身は、住む人を見る「居住性」、遊びに来る人を見る「商業性」、働く人を見る「業務性」の3種類です。

さらに、上記3種類には、それぞれ下記のようなデータを用意しています。
 ・居住性:人口総数、男女比、年齢別人口の割合(円グラフで表示)
 ・商業性:小売業年間販売総額、小売業事業所数、売場面積別小売事業所の割合(円グラフで表示)
 ・業務性:2次3次従業者総数、事業所数、昼間人口

居住性の高い住居立地を選ぶのか、商業性の高い商業立地を選ぶのか、業務性の高いオフィス立地を選ぶのか等、これら3軸と飲食店のコンセプトやターゲットと照らし合わせながら、物件周辺のポテンシャルを把握し
ていくことが可能です。

また、これまで通り、駅中心の商圏データを把握したい、というニーズにも対応する為に、別ページで最寄り駅のエリア情報も閲覧出来るようにしています。
駅軸、物件軸、それぞれの特徴を把握することで、より精度の高いエリアマーケティングが可能になります。


■「物件」を軸とした新たなコンテンツを!
【立地ナビ】のコンセプトは、物件を中心とした数多くのエリア情報を提供していくことです。
今後、過去の物件情報や周辺の飲食店情報など、弊社が持つ独自の情報と一次データ等をリアルタイムに解析し、それらの情報を物件を中心とした情報と掛けあわせることで、これまでに無いエリアマーケティング情報をはじめ、独自性のある様々なコンテンツを提供して参ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング