『冬休みの過ごし方と今年の抱負』

PR TIMES / 2012年1月19日 12時1分

“家族や自宅で過ごす時間の充実”と“ショッピングを控える”が意識された冬休み
飲み会や外食などにかけた費用はそれぞれ「5千円未満」と回答した人が5割以上
2012年積極的におこないたいことのトップ3は「貯蓄」「節約」「国内旅行」
“どんな年にしたいか”を単語にすると、1位は「健康」

株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮首 賢治)は、自主企画調査『冬休みの過ごし方と今年の抱負』に関して調査を実施しました。本調査は、2012年1月10日~1月12日に全国のインテージ・ネットモニター“キューモニター”のうち15~59才の男女を対象にインターネット調査を行い、11,707名から得られた回答結果をまとめました。


■調査結果のポイント
1. 冬休みの過ごし方は、屋外では「初詣」「帰省」、屋内は「DVD・ビデオ鑑賞」の回答が高い。小学生以下の子供を持つファミリー層は、「近所でのショッピング」「レジャー施設利用」や、複数人で行う「コンピューターゲーム」「カードゲーム・ボードゲームなど」といった、家族一緒に過ごすイベントが他の層と比べて高い
冬休みの屋外での過ごし方は、「初詣」が最も多く43.5%。次いで「帰省」が31.2%、「レストラン・ファミレスなど飲食店での外食」(21.9%)、「近所でのショッピング(日常的な買い物は除く)」(21.0%)が続く。
家族構成別でみると、小学生以下の子供を持つファミリー層では、「初詣」「帰省」「レストラン・ファミレスなど飲食店での外食」「近所でのショッピング(日常的な買い物は除く)」「レジャー施設利用」など、家族で一緒に過ごすイベントが他の層に比べ高い。一方、“一人暮らし”では「帰省」した人は50.9%。
屋内での過ごし方は、「DVD・ビデオ鑑賞」が31.8%で最も高い。
家族構成別でみると、小学生以下の子供を持つファミリー層で、複数人で行う「コンピューターゲーム」「カードゲーム・ボードゲームなど」の家族でできるゲームをした人が他の層に比べて高い。”親と同居(未婚)”では「コンピューターゲーム(1人)」が32.1%、「学習・自己啓発」が14.9%でそれぞれ高い。(複数回答)(表1参照)

2. 冬休みのお金のかけ方について、国内旅行は「30,000円未満」が45.5%、飲み会や外食などにかけた費用はそれぞれ5,000円未満が5割を超える
冬休みのお金のかけ方についてたずねたところ、「国内旅行」に「30,000円未満」と回答した人は45.5%、また「忘年会」「新年会」「同窓会(小規模なものも含む)」「それ以外の飲み会」「レストラン・ファミレスなど飲食店での外食」などにかけた費用はそれぞれ5,000円未満が5割を超える。(各項目単数回答)(表2-1、2-2参照)

3. 冬休みの時間の使い方と出費については、ショッピングなど出費がかさむものは減らす傾向にあり、「家族と過ごす時間」「自宅でゆっくりする時間」を増やすよう意識した人が約4分の1
冬休みの時間の使い方や出費について増減を意識したかたずねたところ、『例年より増やすように意識した』ことで高いものは「自宅でゆっくりする時間」(25.6%)、「家族と過ごす時間」(24.1%)、「自宅で食事をする時間」(17.8%)。逆に、『例年より減らすように意識した』ものは「ショッピングへの出費」(23.6%)が特に高い。その他にも「旅行への出費」(16.3%)、「お正月を自宅で過ごすための出費(食べ物・娯楽など)」(13.7%)、「レジャー施設利用など外出の機会」(12.4%)が高い。出費は減らし、家族や自宅で過ごす時間を増やすといった意識がうかがえる。(各項目単数回答)(表3参照)

4. 今年、より積極的におこないたいと思っていることは「貯蓄」「節約」が約4割。“夫婦のみ”では「国内旅行」が、小学生以下の子供を持つファミリー層では「節電」「家族と過ごす時間を増やす」が他の層と比べて高い
今年、より積極的におこないたいと思っていることは、「貯蓄」(38.9%)、「節約」(38.8%)が特に高く、次いで「国内旅行」(31.4%)、「運動・スポーツ」(30.4%)。
家族構成別にみると、“夫婦のみ”では「国内旅行」(37.6%)、「海外旅行」(19.2%)が他の層よりも高い。“ファミリー層(未就学)”では、「貯蓄」「節約」がともに46.3%、「家族と過ごす時間を増やす」も44.7%と、他の層と比べて高い。(複数回答)(表4参照)

5. 今年をどんな年にしたいかを表す単語は、「健康」が突出して多い。次いで「楽しい/楽」「平穏/穏」「幸」と精神的な充実を願う単語が挙がった
今年をどんな1年にしたいかを表す単語をたずねたところ、最も多かったのが「健康」(813件)で突出している。次いで2位「楽しい/楽」(596件)、3位「平穏/穏」(443件)、4位「幸」(402件)、5位「飛躍」(354件)と、精神的な充実や自らのステップアップを願う単語が上位に挙がっている。一方、10位「節約」(152件)、11位「努力」(146件)などの、自らを律するような単語も挙がった。 (自由記入回答)(表5参照)


■調査概要
調査方法:インターネット調査
調査地域: 全国
調査対象者:インテージ・ネットモニター “キューモニター” 15~59才の男女
調査期間:2012年1月10日(火)~1月12日(木)
調査実施機関:株式会社インテージ

■株式会社インテージ http://www.intage.co.jp/
株式会社インテージ(市場名:東証1部・4326、本社:東京都千代田区、設立年月日:1960年3月2日、代表取締役社長:宮首 賢治)は、インテージグループ各社とともに、リサーチノウハウ、データ解析力、システム化技術と、これらに基づく情報評価力をコア・コンピタンスとして、経営およびマーケティング上の意思決定に役立つ情報(Intelligence)を提供。国内マーケティングリサーチ最大手として、お客様のビジネスの成功に貢献してまいります。

■この件に関するお問合せ先
株式会社インテージ 広報・宣伝グループ
担当:小関(おぜき)/上村(うえむら)
TEL:03-5294-6000 FAX:03-5294-8318
インテージ「お問合せフォーム」
https://www.intage.co.jp/contact/form?i=info





企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング