フリースケール、業界初の車載バッテリ・モニタリング向け CAN通信機能付きインテリジェント・センサを発表

PR TIMES / 2012年10月22日 14時48分



東京(フリースケール・テクノロジ・フォーラム・ジャパン)-フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ)は、条件の厳しい車載環境において、鉛蓄バッテリ/リチウムイオン・バッテリの電圧、電流、温度を精密に測定して、バッテリの状態を判定する業界初のバッテリ・センサ「Xtrinsic(エクストリンシック)MM9Z1J638」を発表しました。現在の自動車業界では、ハイブリッド車の増加、車載電子コンテンツの普及、スタート/ストップ・システムの採用に伴い、各種のバッテリ・パラメータを正確に把握することが極めて重要になっています。

Xtrinsicバッテリ・センサMM9Z1J638は、車載/産業アプリケーションにおいて、主要なバッテリ・パラメータを精密に測定する堅牢かつ費用対効果に優れたソリューションを実現します。このデバイスは、S12ZマイクロコントローラとSMARTMOSアナログ制御ICをシングル・パッケージ・ソリューションに統合しており、車載/産業環境の低消費電力化を実現します。Xtrinsicバッテリ・センサMM9Z1J638は、
-40℃~+125℃の動作温度範囲において車載認証AEC-Q100の要件に対応しており、小型の7mm x 7mm QFNパッケージで提供されます。

フリースケールの副社長 兼 アナログ・ミックスド・シグナル・プロダクト・ディビジョン ジェネラル・マネージャであるガビン・ウッズは、次のように述べています。「自動車内により多くの電子コンテンツやスタート/ストップ・システムが搭載されるようになり、重要性が増す中、インテリジェントなバッテリ・センサがますます不可欠になっています。フリースケールが提供する費用対効果に優れた業界初のCAN通信機能付き車載認証対応ソリューションにより、重要なバッテリ・パラメータの精密なモニタリングが実現します。」

今日の自動車は電力負荷が増大しており、バッテリ設計が大きな課題となっています。車載バッテリには、エンジンを駆動するために十分な電力を供給する能力が必要とされ、さらに、スタート/ストップ・システムやインテリジェント・オルタネータ制御といった新しい機能をサポートするための動力源として機能することが求められます。バッテリの劣化状態(SOH)、充電状態(SOC)、機能状態(SOF)を正確に把握することで、電気系統に起因する車両故障の主要原因となる潜在的な障害を早期に検知することができます。他方、エネルギー効率を維持するには、バッテリ・センサ自体の消費電力も最小限に抑える必要があります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング