【ANAクラウンプラザホテル ビジネスパーソン調査】「特になし」が口癖の人は、出張も人付き合いも苦手!?

PR TIMES / 2012年2月3日 20時10分



================================================================================
【ANAクラウンプラザホテル ビジネスパーソン調査】 出張者の意識と行動編
「特になし」が口癖の人は、出張も人付き合いも苦手!?
・“出張ウキウキ派”と“出張シブシブ派”、思考・行動に意外な違い
・アンケートの自由回答に浮かび上がる積極性・自発性-“出張ウキウキ派”は出張を
 食に観光に出会いにと、仕事以外にも最大限に活用
・回答欄の「特になし」、出張シブシブ派は出張ウキウキ派の1.5倍
================================================================================

 ANAクラウンプラザホテル(運営:IHG・ANA・ホテルズグループジャパン東京都港区
CEO:クラレンス・タン)は、年に1回以上宿泊を伴う出張をすることがある20代~40代の
ビジネスパーソン男女1,000名を対象に、宿泊を伴う出張に対する意識やこだわり、
工夫にについてインターネット調査を実施しました。

----------------------------------------------
■出張に楽しみや工夫が多い“出張ウキウキ派”
----------------------------------------------
 「出張が楽しみだ」というポジティブな声と、「出張は面倒くさい」というネガティブな
声の両方を聞くことがあります。本音はどちらなのか尋ねたところ、「好き」
「どちらかといえば好き」と答えた出張好き(46.9%)と、「嫌い」「どちらかといえば嫌い」
「どちらでもない」のそれ以外の回答(53.1%)は、ほぼ半々。前者を“出張ウキウキ派”、
後者を“出張シブシブ派”とすると、出張ウキウキ派は、「出張で楽しみにしていることが
ある」(77.6%)、「出張を楽しむために工夫していることがある」(59.9%)、
「出張で意識して食べるものがある」(63.1%)など、出張をポジティブにとらえている人
が多く、これに比べて、出張シブシブ派は出張での楽しみや工夫が少なく、出張に消極的な
傾向があるようです。

-------------------------------------------------------------------
■出張シブシブ派の回答に目立つ「特になし」が、出張の明暗を分ける?
-------------------------------------------------------------------
 ところで、この調査では、自由回答欄で「特になし」と回答した人が出張ウキウキ派より
出張シブシブ派に多く見られました。例えば、「出張で意識して食べるもの」
「出張に持参するアイテム」といった質問に「特になし」と答えた割合は出張シブシブ派が
それぞれ約10ポイント高いことが分かりました。
 また、今回のアンケートの中で自由回答を求める質問5項目に注目すると、「特になし」
という答えは、出張シブシブ派のほうが出張ウキウキ派の1.5倍多く使っていることが
わかりました。(出張シブシブ派の1,323個に対して、出張ウキウキ派は895個)さらに、
同一人物が5問の自由回答すべてに「特になし」と答えたケースも出張シブシブ派の
ほうが多い結果に。(出張シブシブ派の66人に対して、出張ウキウキ派は43人)
 さらにこの「特になし」グループは、それ以外の人に比べて、人付き合いにも消極的な
回答をしていることがわかり、普段の生活態度についての質問の中で「仕事上、
社外の人脈作りを意識している」、「パーティーや交流会などによく参加し、社交的」
であるとの回答は、「特になし」グループが、それ以外の人の半分以下にとどまることが
わかりました。 出張シブシブ派の中でも「特になし」を連発する人々は出張を活用する
発想や工夫が少なく、出張に楽しみを見いだせないようです。逆に言えば、普段から
「特になし」が口癖になっている人は出張下手かも知れません。また、出張にとどまらず、
日常生活から離れることや新しい物事に対して関心が低く、自分自身の幅を広げること
にも無関心な可能性があります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング