学習塾の6割強が反転授業を実施~反転授業を実施する学習塾のうち、約9割が反転授業に効果ありと回答~

PR TIMES / 2014年7月2日 11時21分

“教育のゲーミフィケーション”を具現化!オンライン学習教材「すらら」



“教育のゲーミフィケーション”を具現化!オンライン学習教材「すらら」
学習塾の6割強が反転授業を実施
~反転授業を実施する学習塾のうち、約9割が反転授業に効果ありと回答~


株式会社すららネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:湯野川孝彦)では、オンライン学習教材「すらら」を導入いただいている学習塾を対象に「反転授業」に関する調査を実施しました。以下、結果です。

※反転授業:教室で一律講義していた新たな学習内容を、オンライン学習教材などを用いて自宅で学習する一方、教室においては、従来は宿題とされていた課題や、生徒同士で協働学習を行なう形態の授業です。

■反転授業を実施しているのは6割強
「すらら」を導入している学習塾のうち、反転授業を実施しているのは61.9%と、6割以上の学習塾において、授業と宿題を反転させる今話題の授業スタイルである「反転授業」を実施していることが分かりました。

(調査について)
「貴塾では生徒に『すらら』を家庭学習させていますか?」との問に対し、「かなりの生徒が家庭学習で『すらら』を学習している」(25.4%)、もしくは、「多くはないが、家庭学習で『すらら』を学習している生徒はいる」(60.2%)と回答した学習塾を対象に、「『すらら』を家庭学習でも活用されている場合、どのような形で使われていますか?」との質問をし、「主に予習をさせている」(12.7%)・「生徒によって予習型と復習型を両方させている」(49.2%)と回答した学習塾の割合より算出。

■反転授業に効果あり、約9割
「すらら」を導入し、反転授業を実施している学習塾のうち、約9割が反転授業に何らかの効果がある、と回答しています。具体的には、「定期テストや実力テストの点数が上がった」、「入試に合格した」といった成績への影響や、「短期間に授業に追いつけるようになった」、「塾での授業の時短になる」、「授業中に演習問題で分からない所を質問できる時間が増え、理解度が上がっているように感じる」といった授業時間の有効活用につながる効果が見られている、ということです。

「反転授業」を行う場合、家庭での予習において、一定水準の理解に至らなかったり、予習を行っていないにもかかわらず学校や学習塾で「やったふり」をしたりする生徒がいる、という問題が発生し、それが反転授業を行う際の障害となるケースがあります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング