グループホテルの営業支援を目的に2013年からMICEビジネスを強化

PR TIMES / 2013年1月31日 10時15分

2016年度のグループ全体のMICE売上を、2012年度対比21%増を目指す

ホテル・旅館の資産管理&運営支援会社であるアビリタス ホスピタリティ株式会社(東京都港区、代表取締役:佐々木文裕、以下、アビリタス ホスピタリティ)は、2013年からを「MICE YEARS」とし、グループホテル(10軒)全体のクロスセルを促してMICEビジネスの営業支援を強化します。2016年度のグループ全体のMICE売上を、2012年度対比21%増を目指します。



アビリタス ホスピタリティでは、2009年4月よりMICEのM=Meetingに関しては、公式ウェブサイトでミーティングパッケージを訴求するなど積極的に取り組んで来ましたが、より広範でグループのクロスセルによる売上効果が高いMICEビジネスを2013年より強化することにしました。グループ内でのMICE基盤の構築や各種フォーマットの標準化、クロスセル制度を確立後、本格的な販売をスタートし、ホテル間のコラボレーション企画も定期的に実施していきます。


アビリタス ホスピタリティ グループのMICEの特徴


パッケージスタイルからカスタムメイドのMICEへ
お客様のご要望に合わせた会場提供だけではなく、主催の目的、課題を重視。個々のニーズに沿ったご提案・プランづくりで成功につなげます。

最初のお打ち合わせから実施までワンストップで承ります
お問い合わせを受けてから、お打ち合わせ、ご提案、実施までを一貫して承るワンストップサービスを徹底。MICE担当者をグループホテルおよびアビリタス ホスピタリティの東京セールスオフィスに配置し、ご宴席、宿泊、アフターミーティングまでMICEに関するあらゆるご要望にお応えします。

ホテルの特色、地域特性や季節感を生かしたプランを提案します
グループホテルは北海道から沖縄まで全国に広がり、ホテルのみならず各地域の特色も個性豊か。それぞれのホテルの特徴はもちろんのこと、周辺の観光情報などにも熟知しているMICE担当者が、お客様の目的や条件、ご要望に合わせて最適のホテルを選び、最良のプランをご提案します。


「MICE YEARS」の販促に、各ホテルの周辺ガイドやテーマ別のモデルコースを盛り込んだパンフレットを制作したほか、場所別・目的別でわかりやすくホテルが選べるように改訂したウェブページを1月23日に公開しました。英語ページも2月には完成し、海外マーケットも視野に入れた活動を行う予定です。また、1月24日・25日にグループホテルの営業担当者を集め、「セールスサミット」と題したMICEのキックオフミーティングを開催。「MICE YEARS」の目的や目標数値などを共有し、具体的な営業戦略について話し合いました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング