学研と日本トイザらス 小学生向け学習専用タブレットの販売で提携!

PR TIMES / 2013年10月31日 10時35分

株式会社学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)およびグループ会社の株式会社学研ステイフル(東京・品川/代表取締役社長:脇田 誠)は、玩具とベビー用品の国内最大級の総合専門店である日本トイザらス株式会社(神奈川・川崎/代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO):モニカ・メルツ)と提携し、2013年11月15日(金)より全国のトイザらス店舗および「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」 (http://www.toysrus.co.jp) において、株式会社学研エデュケーショナル(東京・品川/代表取締役社長:福住一彦)が開発した小学生向け学習専用タブレット「マナボード」<販売価格:32,999円(税込)>の販売を開始いたします。



「マナボード」は、五感を刺激しながら、自分のペースで学習を進めることができる、学びのコンテンツがたくさん詰まったタブレットです。算数・国語・英語が学習できる「学研ビクトリー」や小学校の学習内容を網羅した「ニューワイド学習百科事典」をはじめとする、楽しい学習コンテンツが満載で、全国に15,000ある学研教室においても、順次導入され、教材として使用されています。
日本トイザらス株式会社では、2013年4月にキッズ向けタブレットの取り扱いを開始して以降、大変人気を集めていること、また教育を支援する玩具やデバイスへの関心が高まっていることを受け、時代に即した学習ツールとして「マナボード」をご提供いたします。


【「マナボード」の主なコンテンツ】
・学研ビクトリー
学校の授業の進度に合わせて、算数・国語の学習コンテンツを配信。英語も学習できます。
・学研電子図書館
学研の人気児童書『ひみつシリーズ』など、電子図書で楽しむことができます。
・ニューワイド学習百科事典
小学校の学習内容を網羅した百科事典。5教科の調べ学習も、これさえあれば万全です。
・がっけんぐるみ
教育情報からエンタメまで、楽しい記事を掲載した「ぐるみPRESS」、実がなったらホンモノの野菜をプレゼントする「農園ゲーム」、公開範囲を設定できる「日記」など、安全に楽しめる学研のソーシャルサイトです。
・保護者モード
お子様にメッセージを送るメッセージボードや、ブラウザ、クリッピングなどさまざまな機能があり、また、お子様の学習状況も確認できます。

※別紙の「マナボードご利用にあたって」(ご参考資料)もご参照ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング