ソリッドワークス・ジャパン株式会社、SOLIDWORKS Mechanical Conceptual の国内販売を開始

PR TIMES / 2014年9月5日 13時29分

3Dエクスペリエンス・プラットフォームを基盤とする初の SOLIDWORKS アプリケーション、クラウド上での製品イノベーションを加速

ソリッドワークス・ジャパン株式会社 (本社:東京都品川区)は、「SOLIDWORKS Mechanical Conceptual」の日本国内での販売を、9月5日から開始します。クラウド機能の活用により、概念設計というものづくりの初期段階で、部門間・社内外のコラボレーションを推進するための製品です。製品の詳細については、ダッソー・システムズの4月3日付発表(下記) をご参照ください。



仏ヴェリジー=ヴィラクブレー - 2014年4月3日- 3Dエクスペリエンス企業であり、3D 設計ソフトウェア、3D デジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は本日、3Dエクスペリエンス・プラットフォームを基盤とする初の SOLIDWORKS アプリケーションである SOLIDWORKS Mechanical Conceptual の提供開始を発表しました。すでに多数の海外顧客サイトの本番運用環境で導入されている本アプリケーションは、業界を主導するダッソー・システムズのクラウドベース機能を活用したコラボレーションの実現によって多大なメリットを提供します。本アプリケーションは SOLIDWORKS の幅広い代理店ネットワークより購入が可能です。

今年1月の年次イベント「SOLIDWORKS World」で披露された、3Dエクスペリエンス・プラットフォームを基盤とする SOLIDWORKS Mechanical Conceptual は、エクスペリエンスを念頭においた設計が求められているという現状に対応した製品です。SOLIDWORKS Mechanical Conceptual は、より優れたソーシャル機能と概念設計機能を備え、主要関係者間で、よりコラボレーションしやすい環境を実現します。

GoEngineer 社の CEO である Brad Hansen 氏は次のように述べています。「我々がパートナーシップを組む企業の大多数でクラウド技術が採用されるようになった今、お客様の技術部門、設計部門、製造部門からは、クラウドの組織的な活用支援を求める声が急増しています。我々はこうしたお客様に SOLIDWORKS Mechanical Conceptual を提供できることを嬉しく思います。本ソリューションは、クラウドの数々のメリットを効果的に組み合わせると共に、素晴らしいソーシャル テクノロジーを統合し、CAD作業を完了する前に、初期レイアウトを入手したいと考える設計部門のニーズに対応します。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング