大学入試改革で求められるー21世紀型能力ー 高校生の「生きる力」を育てる授業とは?

PR TIMES / 2014年12月10日 10時20分

『受験サプリ』が「いじめ・自殺・少子化・・・」などのテーマ授業『よのなか科』の提供をスタート!

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営するオンライン予備校『受験サプリ』は、藤原和博氏とコラボレーションし、高校生の“生きる力”を育む授業『よのなか科』をスタートしましたので、お知らせいたします。
受験生の2人1人が利用する『受験サプリ』はこちら→URLhttps://jyukensapuri.jp/




■変わる大学入試。知識型→「生きる力」評価の時代へ
先般、文部科学省の中央教育審議会は「知識・技能」に偏りがちなのこれまでの大学入試を見直し、「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」を踏まえた総合的な評価を大学入試に導入することを決定しました。
現行のセンター試験を廃止し「思考力・判断力・表現力」を評価する新テストを導入。それに伴い、高校の学習指導要領も大きな変革の時を迎えます。

その背景として、以下のような発表がされました。
「従来の大学入試選抜は知識の暗記・再現に偏りがちで、思考力・判断力・表現力や、主体性をもって多様な人々と協働する態度など、真の「学力」が十分に育成・評価されていない。」ことを克服すべき課題とし、 「知識・技能を活用して、自ら課題を発見し、その解決に向けて探究し成果等を表現するために必要な思考力・判断力・表現力等の能力(「思考力・判断力・表現力)を中心に評価する」また、これらに加え、主体性をもって多様な人々と協働する態度(「主体性・多様性・協働性」)など真の学力を踏まえた総合的な評価を大学入試に導入方針です。

今後の教育現場では、「知識・技能」だけでなく「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」=“生きる力”も高める21世紀型教育が必要不可欠となります。

■高校生が将来に抱える不安も「生きる力」
一方の高校生も、将来の自身の「生きる力」に不安を抱いています。
リクルート進学総研の高校生価値意識調査2014では、高校生約1400人に「将来社会で働くに当たり、将来必要だと思う能力・現在持っていると思う能力は?」いう質問をしました。その回答は、「主体性」「実行力」「発信力」「創造力」「課題発見力」などの知識型ではない21世紀型能力=“生きる力”が「将来必要だと思うが、現在自分は持っていない」となり、知識型ではない21世紀型能力の不足を認識していることがわかります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング